読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
チグリスとユーフラテス/新井素子/集英社

惑星ナインの逆さ年代記。
状況によって、さまざまな特権階級がある。子供を産めることであったり、創始者の子孫であったり。それぞれに「生きる目的」があったけれど、ナインが滅びようという今、まるで意味がないこだわりだったと悟る・・・・・・。
第三章まではさみしく進んだけれど、最後「レイディ・アカリ」の章は別。回想のなかとはいえ、キャストも増えたし。
アカリの前向きでこだわりがなくて、さっぱりしているところがまさに「理想の女性」。キャプテン・リュウイチのあの自信過剰なところもかわいいし、明の冷静なところもかっこいい。
一気に読んでしまうのがもったいなく、ゆっくり読みたい本だった。
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/91-c3502d4e
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。