読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
この人けっこうな速筆ですよね。いっぱい読めて嬉しい。

世の中には安楽椅子探偵やら建築探偵やら色々探偵がいますが、要介護ww探偵www せめて車椅子探偵とか言ってやれよとも思うが、やっぱ要介護探偵のインパクトはすごいな。

だいたいにおいてその場にいない系の探偵は「手は出さないが口は出す」わけで、介護されてるご老人と一緒だ(偏見)!この本では「車椅子で連れてきてもらって口と権力は出す」だけど。

主人公の玄太郎は、私の大好きな小説「富豪刑事」の父、喜久右衛門に通じるところもある癇癪もち。金持った年寄りみんなこうなのか(偏見)。
また、事件に関わろうとする動機もごうつくばりwwすかっとするわー。

時系列はばらばらな連作短編が5本。ごうつく「冒険」病気直後「生還」年寄りの冷や水「快走」「四つの署名」「最後のアイザック」。「生還」「四つの署名」が好きだ。
この面白さは玄太郎翁の生き様によるところが大きいんだけど、これもキャラ小説のくくりでいいのかな?

岬先生やら孫娘の名前を見るに「おやすみラフマニノフ」に出ていたようだ。爺ちゃんはいたような気がするけど、詳しくは記憶にない。まあ、こうだから同じ本を何度も楽しめるんだが、思い出せないのがなんかもったいない&くやしい。
中山七里さんは割と作品をリンクさせてる率が高いから、記憶力に不自由な私は別作品からのゲストなのか、ただ単に描写の似た別人なのかわからないよー。登場人物表でも作っとこうかしら。
【2012.02.16】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/821-2ad85dab
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。