読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
かつて子供だったあなたと少年少女のための、と銘打たれたレーベル。凝った装丁、児童書によくある微妙な絵の表紙。

パーミリオンのネコシリーズが好きなので、作者借り(というか図書館で読破してきてしまった)してみました。
薄くて字が大きくて行間が広いので1時間たらずで読めます。

聖ミレイユ学園で悲劇があいついでおこった。ある神父は校庭の真ん中で落雷で焼死、さらに別の神父が密室のサンルームで、焼死体となって発見されたのだ。
「汎虚学研究会」はちょっと浮世離れしたメンバー4人で構成されている。部長は僕、室井環。フクスケは女ホームズと化し、ワトソン役に僕を指名。神父の死は殺人に違いないというのだ。僕は夜ごと見る、狂った赤い馬の悪夢でそれどころじゃないのだが……。



内容はまさに「かつて子供だったあなた」という感じ。重苦しい雰囲気のカトリック学校(もちろん寮つき)にはちょっと気になる子がいたり風変わりな同級生がいたり、いじわるな先生がいたり。
のほほんとそんな雰囲気を楽しんでいたら急展開していきなり解決してしまった。図書館で「もうかよ!」と叫びそうになったよ。
かなりライトなミステリでした。少年少女むけだからかな。

20041210読了.図書館
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/82-861547c0
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。