読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
浪人生の高岡裕一は、奇妙な断崖の上で3人の男女に出会った。老ヤクザ、気弱な中年男、アンニュイな若い女。そこへ神が現れ、天国行きの条件に、自殺志願者100人の命を救えと命令する。裕一たちは自殺した幽霊だったのだ。地上に戻った彼らが繰り広げる怒涛の救助作戦。

高野さんは「13階段」の時に、『このおもしろさは「死刑執行人の苦悩」にほとんど依っているのではないか?』と思ってからなんだかずっと避けてたけど、「読んでよかった」「おもしろかった」という声が多かったので読んでみました。けっこうおもしろかった。
世代も性別も心意気もトラウマも気質もそれぞれ違う4人組が、誰かを助けるために一生懸命応援したり応援したり応援したりしてるところがほほえましくてすっごく楽しかった。後半の日本論とかそういうところはだいぶ読みにくかったけど、トータルでは面白い側で。
【2010.01.27】 そのほか
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/755-c09ac1e6
幽霊人命救助隊 高野和明
夕方までは死なないでください。僕たちが必ず助けてあげます。 大学受験に失敗して首吊り自殺し幽霊となった裕一は、同じ立場の三人と共に、...
粋な提案 【2010.10.13】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。