読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていたものは!?終始喧嘩腰でシリーズ第3弾、またまた推参。
稲嶺指令(ノД`)・゜・。
この巻はこれに尽きました。図書館シリーズのおじさまがた大好き。

「差別」「言葉狩り」というとどうしても筒井さんを思い出します。日本語を守るために、たくさんの作家さんたちが戦ってきた。実際鉄砲つきつけあってというわけではないけれど、それと同じくらい傷ついたり傷つけたりしてきたんだろう。以前筒井さんが「あらゆる言葉を残すのが作家の義務だ」とおっしゃっていた。私たち読者はあらゆる言葉を読みとり、自分で言葉を取捨選択していくべきなのだ、と思った。
【2009.12.11】 SF
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/723-9a341149
前作の延長線上:図書館危機
図書館危機作者: 有川 浩出版社/メーカー: メディアワークス発売日: 2007/02メディア: 単行本 第一作「図書館戦争のエントリはこちら http://book-sk.blog.so-net.ne.jp/2009-10-19 第二作「図書館内乱」のエントリはこちら http://book-sk.blog.so-net.ne.jp/2009-11-1...
本読みの記録 【2009.12.15】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。