読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
エロティシズム、フェティシズム、ロジック…。ミステリ界の奇才の「すべて」を凝縮した作品5編と、書き下ろしの表題作を収録。“西澤保彦的な灰汁”が滲み出る、ノンシリーズ短編集。
黒西澤、というより黒より西澤って感じ?一人称、が多かった気がする。で、とりあえず煙にまいとけ、みたいな。
西澤さんはなんとなくおっかけてるので、短編といえども割と読んでて「迷い込んだ死神」「死に損」あたりは覚えがあるなあ。
アンソロジー「少年の時間」にあったはずなのにまったく記憶に残っていなかった「ぼくが彼女にしたこと」は、結局誰が殺したの
表題作が一番好きかな。
【2009.08.08】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/689-6eae444f
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。