読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
誤射されたミサイルがジャンボ旅客機を直撃した。機長は死亡し、乗客が酸欠により凶暴化するなか、無傷の生存者たちは必死で生還をめざすが、地上では事故の陰蔽のために生存者もろとも機を墜とそうとする計画が進行していた。82年に出版され、今や古典となった航空サスペンスの名作が、全面的加筆を施され、決定版として登場。
おもしろかった!
前に読んで面白かった「シャドー81」と並んで語られることの多かった「超音速漂流」、やっと読めました。

なんだか最初の1/10ほどが読み進められなくて、読んで→諦めて→放置して→忘れてるから最初から読んで→諦めて→をループしてました。申し訳ないがちょっぴり読み飛ばしつつも、実際ミサイルが当たってからは面白くて面白くて一気読み。
映画や小説などでもよくある「操作する人がいなくなってしまった巨大交通機関に乗り合わせた人たち」なパニックもの。でも「地上の管制官や善意の民間人(無線傍受したとか)との協力によって無事機は生還しました!」みたいなお涙物じゃなくて、まさに四面楚歌。
ミサイルを誤射した軍隊はもちろんのこと、あちらもこちらもみんな「落ちてくれ」状態で、極限状態あおりまくり。機内も機内で極限状態だし、最後まで読んでも生き残った人々は(ベリーも含め)本当に勝ち組なのだろうか?とただひたすら恐怖だった。
いやー、面白かったー!
どうやら昨今の飛行機事情を鑑みて改訂されているようだけれど、改訂前の物で当時の空気や勢いを感じてみたいな。

今年は「シャドー81」「虎よ!虎よ!」など、骨太な過去小説の改訂版や新装版をたくさん読めて幸せだなあ。
【2009.07.04】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/686-9cd3b36b
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。