読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
桃山ビート・トライブ【小説すばる新人賞(第20回)】秀吉が権勢を振るい、三成が野心を抱いた安土桃山時代。三味線弾き・藤次郎、笛役者・小平太、太鼓叩き・弥介、舞姫・ちほの4人が一座を結成。型破りな音楽と踊りを武器に権力に立ち向かう…。躍動感あふれる進化系時代小説。
なんだか時代小説づいていますが……(時代小説とは、ちょっと違うかな?)それにしても、例によって殿(=三成さん)がでてますが、「采配のゆくえ」→「のぼうの城」→「これ」で三成公のイメージが……orz 時系列的には「のぼう」「これ」「采配」の順なのだろうから、きっと殿は成長したのだと思うことにして。
すかっと爽やか、不思議な勢いとビートのある話でした。

舞台は戦国、とはいえ主軸はがむしゃらに突き進む若者。個性と音楽がぶつかりあってあたらしい世界が生まれる。その世界が人々をのみこんでいく。
音楽は刀より強し、といったところか。
楽しかったー!

しかし笛吹き小平太、途中一座での自分の存在感のなさについて悩んでいたけど、表紙絵でも扱いが小さくて気の毒www
【2008.12.23】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/619-e570a133
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。