読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
蟲師 ──広大無辺の妖世譚──

とうとう終わってしまいました。初めて蟲師を知ったのは3巻がでた頃。水彩のタッチの表紙が平置きされていて目を引いたからでした。そのまま普通に3巻分まとめ買いしたのは何かの導きだったんでしょうか。
十巻を読み終えた今日、一巻からぱらぱらと見てみました。どの話も、題名を読んだだけでどんな話か覚えていました。何度も何度も読み返したわけでもないのに。
静かで暖かくて、とても大きなものに包まれた世界でした。最初から最後まで大好きでした。
本は終わってしまったけれど、蟲たちはまだ世界を包み、淡幽は文字を綴り、ギンコは旅を続けるのでしょう。余韻の残る、すてきな降幕でした。
終幕ではなく、降幕であること。また、カーテンコールや第二部があるかもしれないと夢見ることもできる。
最後に、好きな話を羅列してみます。
「緑の座」「瞼の光」「旅をする沼」「筆の海」「露を吸う群」「重い実」「眇の魚」「虚繭取り」「春と嘯く」「暁の蛇」「夜を撫でる手」「棘のみち」「野末の宴」「冬の底」「日照る雨」「水碧む」「草を踏む音」「香る闇」「鈴の雫」
【2008.12.14】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/608-536d014a
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。