読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

準回収士ルシア 世界は美しく、人の心は醜い


ソノラマでリリカル話「ゴスペラー」を書いた方だと思う。この本もリリカルでハードボイルドでSFだ。
温度まで感じるような描写で、荒れきった世界を旅する(移動する――)女と少年との出会いを描いた話で、しみじみとした諦め?強がり?靄?のようなものが残った。
海や川の水に触れると体が結晶化し、その形状は記憶や思い出に左右される。女・ルシアはその記憶を回収することを生業としていて、仕事を通じて少年・エギンと出会う。ルシアとエギンの似ているようで違う部分がたまらなく愛しい。
アクションシーンが固くてちょい読みにくい感はあったけど、久々に衝動買いで当たりひきました。続きはでるのかなー。
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/556-d78b1191
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。