読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

月光とアムネジア

三時間前のことは何も覚えちゃいない……
記憶と言語の混濁が生み出す複雑怪奇幻想長編。


なんてハッピーエンド!

ありそうでなさそうな造語センスばりばりのこの本、ネタだけ抽出してみれば「博士の愛した数式」であり「思い出エマノン」でありミステリーであり、ホラーアクションでラブでもある。それらが渾然一体というか妙な具合に溶接されちまったぜ!という雰囲気。ぐるぐる具合に酔えます。
【2006.08.16】 SF
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/528-2ee77986
月光とアムネジア/牧野修
牧野氏の作品は初めて読んだのですが、非常に存在感のある文体の方です。 改行の多い部分と妙に密度の高い部分の落差、接続詞の多い台詞回し、これら一見すると悪文とされかねない要素がふんだんに奢られているにもかかわらず、ぐいぐい読ませる力があります。 60年間
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。