読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

わたしにもできる探偵稼業

アンティーク家具の修復業を営むキャットは、なじみの骨董店の店先でホームレスの若い女性を見かけて驚いた。その女性は亡き娘の親友ジェニーで、しかも彼女はすべての記憶を失っていた。なぜ、新進女優として活躍中だった彼女がここに?同情したキャットは、ジェニーを救うため身辺調査に乗りだすが…行動力あふれる老婦人、“ワイルド・キャット”再登場。注目の痛快シリーズ第二弾。


「わたしにもできる銀行強盗」に続く第二弾。第三弾の原書はあとがきによるともう出来ているらしいが、翻訳はされるのだろうか……。
キャットはもちろん、新聞記者マイク・古美術屋のレイフたちと前作に出てくる人々はたいてい登場。そのため人物がもう入り組んじゃって、これ誰だっけ?ワケワカラン('A`)状態になりながらもなんとか読了。
以前ほどのテンションはさすがになく、事件は一つだけ。そこへ至るまでの人間ドラマがやっぱりキャットシリーズの肝ですね。なんだか二時間ドラマとかになりそうだわあ。
『おせっかいキャットの○○事件簿!』みたいな。
【2006.06.02】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/466-5b631e87
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。