読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

魔法薬売りのマレア 千日カゲロウ

とある世界のとある大陸。竜が引く小屋“竜車”で旅をする兄弟がいた。名はミソギとマレア。兄のミソギが大好きなマレアは、怪異を祓うことができる13歳の“魔法薬師”。ある村で怪事件の調査を依頼されるが、そこには予想だにしない真相が―!?マレアの魔法薬(ポーション)でミソギの呪われた血が解き放たれるとき、驚きの真実が明らかに!


おもしろーい(´∀`)!
デレ/本気でM/妹/美少女と美味しいどこ取りなマレアと、『ぶっきらぼうだけどじつは優しい』とある意味お約束な兄ミソギのコミカルかつSMなやりとりが楽しいー!
ああ、とマレアは震えそうになった。怒る。もうちょっとでキレる。ああキレて。兄さまマレアにキレて。『螢』より
これが第一話で、全部で三話あるわけだけれどだんだんエスカレートしていっているのもまた一興。
かといってコミカル一辺倒なわけではなく、関わりあう事件は切なく、物悲しいものばかり。兄妹のバックグラウンドとなる物語も少しずつ切羽詰っていっている。

「螢」「牧羊犬」「千日カゲロウ」どれもよかったけれども、
「牧羊犬」の「牧羊」っぷりがぞっとしてよかったー!
秘薬は伝説として、この話はここで終わってもよいけれども(そうなればあの終章はああだったということで)もっとあの二人の旅を読みたいなあ。続編希望!(千日カゲロウ、と副題がついていたわけだし、続巻の可能性は大きいと思う)

イラストのTASAさん、カラーよりモノクロのほうが素敵な絵師さんて珍しいなあと思ってたら、ラグナロクの方だったのですねー。あまりに久しぶりで(略)
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/464-40f9d399
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。