読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

生まれ変わりたいと願う、
すべての人たちへ──
6人の作家による書き下ろしショートストーリー集


1月に発売された時は、「鈴木光司か~、まあいいや」とスルーしていましたが、「アルファ・ラルファ大通りの脇道」さんで牧野修/小林泰三さん達が出てると知り、さっそく捜索開始。しかしもうその時点で4月末。コンビニ等で探し回ってましたが先日ようやくローソンで発見!思ったより小さかったので今まで見逃してたのかもorz
下部の紺色部分、印刷された帯モドキでした。なんか妙に木の下が気になってめくろうとしたらモドキだったから、どーでもいいことだけどなんかショックw

やたらホラー畑(というか全員角ホ出身者)の人選だけど、バラエティー豊かで結構面白かった。
特に印象に残ったもの一言ずつ。
□ 押入れ 牧野修
やっぱり牧野節~。一人称で「誰か」に語りかける形式で終始する。全体的に見るとオチもきいててすっきりして、「いい話」の分類に入るのだろうけど、妙にもやっとしたものが残るっていうか今日から押入れが気になってしまいそうな気がするというか。
□ 少女、あるいは自動人形 小林泰三
くるみ(殻)割り人形から始まるこの話、もーいやになるほどめくるめくというか困惑させられてしまう。でもそこが(゚∀゚)イイ!
また『酔歩する男』読みたくなった。
□ 妻の誕生 北野勇作
テーマ「殻をやぶる」を思いっきりテーマ通りに書いた一作。
不思議な現象のなかで淡々と生活する夫に笑う。
筒井康隆の『妻が脱皮する話』を思いだした。

信者フィルターかかってますが、面白かった順にいうとこんな感じ。
押入れ>妻>少女>チョウ≧魚≧クロス
値段以上の価値があったわ~(´∀`)
ぜひまたショートストーリー集も出して欲しいところ!

クリスピー物語 文庫本パックページ
【2006.05.07】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
私も信者フィルターがかかり気味ですが、この三人はテーマを与えられても媚びらずに我が道を行くといった感じで楽しめましたね。
【05.08 18:18】 URL // Takeman #- [編集] []
うっかりスルーしてしまいそうになったところ、Takemanさんの記事で助かりました。
信者ならアンテナばっちり張っておかないと駄目でしたね~。
ありがとうございました!
【05.14 06:18】 URL // あひる #- [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/456-7506ed60
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。