読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

春琴抄

裕福な商家に生まれた春琴は、幼くして盲目になるものの、生来の才能を生かし三味線師として大成する。その春琴の端麗かつ高雅な容姿にひかれた佐助は、丁稚奉公の身でありながら一途に春琴への献身につとめ、 やがて自ら春琴の弟子となり春琴の足下に傅く。


あの赤が印象的なこの本、持ってるだけで何故か安心してしまい、高校生くらいの頃から積んでました。
「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」さんの「ツンデレ小説ベスト【まとめ】」でこの本がベストオブツンデレであるとの言及、早速掘り起こしてきました。
谷崎さん時代の先端いきすぎ(´∀`)!

ものすごいツンデレっぷりでした。ツンぶりもすごいけどデレ分が何より凄い。
ツンはまあよくあるタイプで、回りから「好きなんでしょ?」と問われると思いっきり否定し罵倒する雰囲気。彼が私を崇拝していることを存分に知り、どう振舞ってもそれが揺るがないことを理解していて、その上で奔放にふるまったり。佐助の献身ぷりもそれをいい具合に増長してて(゚д゚)ウマー
デレ分は何もはっきりとは書かれておらず、妊娠したとか他の女中さんからの又聞きのような断片的なものしかないのだけれど、そこから推測される二人の睦みあいというか営みがエロチックでデレデレでいやはやご馳走様でした(*´д`*)
「いやっこの二人何やってんの?」って顔を手で覆ってるけどその実指の隙間から見ちゃいたくなるようなそんなデレっぷり万歳。
ある意味歪んではいるけれど、当人同士の中では一本筋が通っている愛情、すごかったです。

20060430
【2006.04.30】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/447-0678111e
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。