読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

東京タワー

それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために上京したオトンと、ボクと、オカンのちいさな話です。


「東京タワーという本が売れているらしい」→「リリー・フランキーという人が書いたらしい」→「おでんくんの本を見たら作者がその人だった」→「じゃあちょっくら読んでみるか」
という経緯で図書館6人待ちして借りてきました。
小説っぽく始まり、オトンのほとんどよりつかない母子家庭状態の「ぼく」と「オカン」のやりとりが思い出した順に書いてる雰囲気。途中で私小説らしいということに気づく。ファンなら最初っからわかるのかなあ。「ぼく」の事情は割りとテキトーに流し、「オカン」の半生記といった趣き。
でも「ぼく」がどうも好きになれなくて、( ´,_ゝ`)フーンで終わってしまった。オカンの仕送りで遊び暮らし借金し、ひとり立ちする間もなくオカンを呼び寄せ世話してもらい、当然たる生活費の要求にいらつく男。かっこ悪いよ!
確かに泣けるっちゃ泣けるんだけど、そりゃ人死にがからめば涙はでやすいわけだし……。
私には合わないエッセイでした。残念。

20060401 図書館
【2006.04.01】 そのほか
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/431-256fc0dc
リリー・フランキー
リリー・フランキーリリー・フランキー(Lily Franky、 本名:中川雅也(なかがわ まさや)、 1963年11月4日 - )は、福岡県北九州市生まれのイラストレーター、エッセ
瞳の部屋 【2007.01.17】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。