読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

SFJapan2006spring

少年は、いるのはずのない姉と対話する。
それは、星窓を買った夏休みの最初の日から?


SFJapanはいつも高くて買えないのですが(季刊なので妥当といえば妥当なのだろうけど……)、ちょうど一人でBK1のポイントをせこせこ貯めてた分が1600ポイントだったので購入(´∀`)無くても飛先生載ってるから買ったけど(´∀`)
ひらがなを多用した幼い感じの文体で、まさに「ボーナストラック」といった感じで過去作がちょこちょこ顔を出してます。やっぱり全然別の作品なので割とあからさまなのですがwオスカーピーターソンのアルバム「WEST SIDE STORY」のラスト、今までの曲が少しずつアレンジされて一曲になっている「reprise」と一緒でそれでいいのです。
バターが溶けるのも、靴下を脱がされるのも、霧をかきわけて進むのも、どれも好きな部分だったので嬉しい(*´▽`*)ヌガーな部分も入れてくれとか言い出すときりが無いのでいいのです。
「ぼく」の気配が薄くなったのと反比例して存在感の厚くなった「姉」、度重なる白昼夢と改稿前と違う部分も多々あるけれど、ラストの星の部分、それが一番この作品を”新しい”「星窓」たらしめていると思った。

SFJapan*2006 Springそのほか(半分くらい読んだ)
「天使と人間の弁証法─飛浩隆人間学小論」横道仁志
この方の評論にはいちいちはっとさせられます。
破滅の結末は──、ものすごく腑に落ちました。
「百万光年のちょっと先 身の丈ひとつで」古橋秀之
ショートショートちょっといい話。わざとらしい地の文の説明に抱腹
「又々火星のプリンセス・リローデット」火浦功
一ページってとこに抱腹
「ハルシネーション」八杉将司
設定が面白い!
「エリカさんの狂発明日記」なかせよしみ
パン作りのが一番面白かった~内臓肉!

残りの楽しみ
「宇宙生命図鑑 正しい救世主の辞め方」小林めぐみ
「様斬人形」タタツシンイチ
優しい煉獄は新書版読んでなくてもわかるかなあ。

20060319 まだ途中

【2006.03.19】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/422-8b610eef
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。