読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

銀齢の果て

老人であることは悪なのか? 和菓子司の隠居、宇谷九一郎の住む宮脇町でも、70歳以上の国民に殺し合いをさせるシルバー・バトルが遂に始まった! 21世紀最大の、禁断の問いをめぐる老人文学の金字塔。


筒井さんと山藤さんの組み合わせ、なんだか久しぶりな気がします。俗物図鑑や狂気の沙汰は金次第、面白かったなあ~。
今回も「銀齢の果て」タイトルからしていい!
「バトルロワイヤル」を髣髴とさせる(というかインスパイア?)老人同士の殺し合い。あちらは悲壮感ただよいまくりだったけれどこちらは筒井さん、結構したたかです。
ご自身が老齢となられたからか、最近は老人文学よりになってきましたね。タバコを吸うな≠長生きをしろ≠善きことではなくなった時代、すでに少子高齢化が激しくなってきている今は絵空事、未来のこと、たかがお話とはいえなくなっていて、ストーリーはあるいみのほほんとしているのにちょっと背筋が怖くなったり。
すらりと滑らかに場面転換されていて、ほんと途中でやめられない!作中曲「葬いのボサ・ノバ」は、音符見て一生懸命頭の中で歌っちゃったしw
ある意味「俗物図鑑」に似ていると思ったのですが、書いているご本人も登場人物も年齢差があったせいか、やはり勢いとパワーには差があったかなあ。
今はまだ「俗物図鑑」のほうが好きだけれど、年取ったときどう感じるのかわからない。

20060318読了 図書館
【2006.03.18】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/420-872c5d4e
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。