読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

コンピューター人間

ある日テルオが連れて行かれた場所は何もかもをコンピューターの指示に従い、全てを忘れるよう強要する場所だった。そこで指示に従えないテルオは欠陥人間が集まる収容所へ送られることになった……


たかが四半世紀、されど四半世紀。
図書館に行けば古今東西の推理小説なんかは棚何段ものスペースをとっているのに、SFは冬の時代だなあ。こんな面白いシリーズが閉3階とかに置かれているなんてっ!そりゃ25年前の本だけどさあ。
遺伝子工学で働きアリならぬ働き人間として作られた「はず」の子供達、遊ぶこと/興味を持つこと/考えること/お母さんに会いたいと思うことは欠陥人間とされ、マイナス点がつけられる。おかあさんに会いたいテルオのみた夢、マイナスがあまりに嵩んだ子供たちが最終的に到達した収容所での一幕があまりに幸せで、じーんときてしまいました。

20060219読了 図書館

PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/398-0e6983b7
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。