読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

連殺魔方陣

旧家であり、企業グループ「KISON」を率いる亀村家の晩餐会で、幹部が毒殺された。同席していた天地竜之介が犯人探しに乗り出すが、関係者は一癖ある人物揃い。館が不安に包まれる中、第2の毒殺事件が…。


殺意は砂糖の右側に」から始まる龍之介シリーズ、えーと……第7弾くらい?わかんなくなってきた。
途中から道筋の出来てきた、龍之介の学びの館に関することや、一美さんと光章さんの恋模様とかそういうことは一つも進まず、純粋にこの事件だけで完結しているので、シリーズ未読の人でも読める(かも)。
(動機+トリック)と謎解きと薀蓄の割合がちょうど三等分という感じで、いつもより薀蓄が少ないけれどもその分とっても濃いです。でもこのシリーズは龍之介の雑学とか薀蓄目当てに読んでるようなものなので、ちょっと量的に寂しかったり。

イラストがこれ以上ないほど増えたんですが、相変わらず三十代の人々に見えませんね。まあ描写からしてそうなんだけど。
しかしP93、これほど萌えないメイド服姿も笑けるw

20060215読了

既刊:天才!龍之介がゆくシリーズ
「殺意は砂糖の右側に」ノンノベル/祥伝社文庫・短編
「幽霊船が消えるまで」ノンノベル/祥伝社文庫・短編
「殺意は幽霊館から」祥伝社文庫・中篇
「十字架クロスワードの殺人」ノン・ノベル・長編
「殺意は青列車が乗せて」ノン・ノベル・短編
「殺人現場はその手の中に」ノン・ノベル・短編
「連殺魔方陣」ノン・ノベル・長編・本書
【2006.02.15】 ミステリ
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/394-27dfa048
柄刀一「連殺魔方陣」
まず、Amazon!本のタイトルが間違っています。「魔法陣」ではなく「魔方陣」です。アソシエイトプログラムを利用させていただいているので名指しです…。光章、龍之介、一美の三人は、以前の事件で知り合った逹臣の招待で亀村家の晩餐会に招待をされた。そこで起こった毒殺
emeu memo. 【2006.02.20】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。