読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

フランスで発見された紙片には呪われた文字で“扉”の場所が記されていた。―それは魔界とこの世を繋ぐ門。その封印が破れた時、世界は“魔族”に蹂躙され地獄と化す。退魔の妖剣ブラディミールに選ばれてしまった少年・深津薫は、教皇長の影の組織の一員となり、“扉”を封印する力を持つ美少女の護衛の任務につくことになる。


「12月のベロニカ」の方の第二長編。ベロニカが私には今ひとつだったのだけど、「眠り姫」の評価が高いようだったのでまた挑戦してみました。魔術・人外の生物・契約と主従関係と、最近流行りなんでしょうかね。
使命を持つ姫君と、それを守る騎士という前作と同じパターンで、結構ベタベタです。
キャラクタが多目のため、各人にスポットをあてきれずどうも感情移入できるほどの描写がないのが残念。「そこまでしなくても……」と一歩引いちゃう。
結局「妖剣」の役目ってなんなのさとか色々次巻のネタ?もありそうですが、1巻できれいにまとまったのでこれで終わりでいいかなあ。

20050813
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/333-4393b283
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。