読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

 19世紀末のロンドン。豪商ジョーンズ家の長男ウィリアムはある日、初老の家庭教師ケリー夫人宅を訪ねる。そこで彼が出会ったのは、美しいメイド、エマだった。一目で心惹かれたウィリアムは、以後、彼女の住む地区へ足繁く通い、エマもまた、彼の実直な人柄に惹かれていく。だが、上流階級に名を連ねるウィリアムに、メイドとの恋が許されるはずはなかった……


非常に、背筋のしゃんとする一冊です。
あいにくとマンガ版はまだ読んだ事がないのですが、その世界の空気までもを綺羅綺羅しくも中身のつまった文章で描いて見せてくれる久美さんの筆致に、「ヴィクトリア」で「メイド」で「身分違いの恋」なんてぴったりだろうなあ、と思っていたわけです。まさにその通り。
とにかくヒロインであるエマさんが素敵!素敵!絶対惚れる!
理知的で清楚で小さなことからも幸せや喜びを得ることができる。それでいて働き者でいい香り。素敵です。
あらすじにもあるとおり、テーマが「身分違いの恋」。教養は生まれながらの身分に対抗しうるのか?「氏より育ち」はどの時代からが本当なのか?
二人を阻む壁は厚く高く、ハッピーエンドであろうとは思いつつも気を揉んでしまいますね。
あとはヴィクトリア時代の風俗や小物、暮らしぶりが美しいです。
以前ノベライズはやっていたものの、今はオリジナルを書きまくっている久美さんに白羽の矢が立ったもの当然、といった出来ですね。

原作でいうと、どこらへんまで書かれているんでしょうか。
2巻が待ち遠しいです。

ファミ通文庫 エマ特設ページ

20050325
はじめまして、嵐雪と申します。
以前からちょくちょく拝見していたのですが、今回初カキコです。

エマは漫画版は読んだことがあるんですが、
小説になってたとは知りませんでしたね。
今度読んでみたいと思います。
漫画版ぜひ読んでみてください。
特に4巻は泣けますよ。

というわけで、またお邪魔したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

【03.26 01:05】 URL // 嵐雪 #pJhFIwxM [編集] []
嵐雪さん、はじめまして。
エマの漫画も素敵そうですね。小説の中に、レースや小物の描写が多々あるのですが、そういったこまごまとしたものも見てみたいというのもあるし、何より続きが読めるというのがいいですね。
今度本屋で探してみます。

こちらこそどうぞよろしくおねがいします。
コメントありがとうございました(´▽`)
【03.26 10:43】 URL // あひる #- [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/322-3118278c
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。