読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

わたしの調査に手加減はない
女探偵・葉村晶に持ちこまれる様々な事件。例えば、市役所から突然送られてきたガンの通知……その真相は少し切なく、少しこわい。


ハードボイルドですよ。ほとんどが。
探偵である主人公のシリーズの、3作あるうちの二作目なのだそうです。長編のような、連作短編集。シリーズとしては初読ですが問題なかったです(1作目で書かれてるのかな?と想像される部分はありますが)
「日常の謎」と類される位置にあるのでしょうが、かなり悪意や意地の悪い部分込み。ささくれまくりです。それでいて本書の印象が悪くないのは主人公・葉村晶の人柄によるかと。ストイックでしぶとくてクールで(ここらへん相反してる気もするが)格好いい!
特に面白かったのは「鉄格子の女」「依頼人は死んだ」(カエデさんが)「女探偵の夏休み」の三篇。
作中には季節感ないけど<季節>の物語、と副題がついているということは、その分時間が確かに流れてるんだよ、ということなんでしょうかね。
しかし「濃紺の悪魔」「都合のいい地獄」に現れる濃紺のスーツの男の特技?はこれで終わりなのでしょうか。最後の葉村の痣の謎とあいまって、終わってない感、すっきりしない感がどろどろするのですが。っていうかこれさえなければ「あーおもしろかった!」で済んだのにぃ。ますます長編に手を出さねば……、と思ったんだけれどちょっと調べてみたら、これっきり???そんな馬鹿な

葉村晶シリーズ
「プレゼント」連作短編集(ダブル主人公らしい)
「依頼人は死んだ」連作短編集
「悪いうさぎ」長編

20050317読了.図書館
【2005.03.17】 ミステリ
TRACKBACK(2) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/305-9d3b1ca0
「依頼人は死んだ」
「ぼくの若竹七海な日常」です。ここでは若竹七海さんの本の感想を集めています。よろしければご協力お願いします。
「依頼人は死んだ」若竹七海
女探偵葉村晶が遭遇する事件の数々。 この前身になるのが「プレゼント」という短編集らしいです。 先に読むべきだったかな。それを知ってもう、アマゾンで注文済。 女探偵葉村晶はものすごくクールで冷静で、 人の隠しておきたい汚いところとかをあっさり見極め...
本を読む女。 【2005.03.20】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。