読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

私の子供が誘拐犯なのか? 新境地を切り開く衝撃のサスペンス!
東京近郊で連続する誘拐殺人事件。被害者たちの父親の名刺がすべて、なぜか私の子供の部屋にある。そのとき父親がとった行動は?衝撃の長編サスペンス!


昔から一歩ずれたような手法でミステリを書く歌野さん。
ここでもミステリ…とは違うのではないかと邪推するような手腕を見せ付けてくださいました。最終目的(=解決)に向かって収束していくどころか拡散していくという荒業。リドル・ストーリーにしたって投げっぱなしにもほどがあるというものです。面白かったからいいけど。
「身内が犯罪者(?)」というカテゴリでは他に「うつくしい子ども」(石田衣良/文春文庫)を連想するけれど、そちらが思春期の子供を主人公としたある意味爽やか青春小説にしたてあげたことに対して、こちらでは酸いも甘いもかみ分けた父親が主人公。保身、幼い娘への愛、偽善、世間体と数々のしがらみに取り囲まれていく姿がギリギリで、ひたすら重い。親として身につまされるような問題が山積みですしね。
何をいってもネタバレになりそうだけれども、この話はその過程も状況もあるかもしれない未来も何もかも怖い。
ハンター×ハンターの「あらゆる残酷な空想に耐えておけ」という言葉がふと浮かんだ。
怖すぎる。
それにしてもいくら妄想とはいえあそこまでぶっちぎれる主人公、正直すごい。

20050224読了.図書館
【2005.02.24】 ミステリ
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/291-1a401c58
世界の終わり、あるいは始まり/歌野晶午
■□■世界の終わり、あるいは始まり/歌野晶午 ■□■■東京近郊で発生した小学生誘拐事件。父親の勤務先に身代金要求を告げるメールが届けられた。不可解なことに、要求金額はわずか200万円でしかなかった。そんな中、事件が起こった町内に住む富樫修は、ある疑惑に取り..
YOURELIGION 【2005.12.05】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。