読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

地球から溢れてもなお増え続ける人類。その期待を担って、NASAの宇宙船が火星に向かって三ヶ月。探査船は行方不明になった。だが、世界各国から選りすぐられたクルーは戻ってきた。ただし驚喜と苦悩の戦士として。


地元のブックオフで105円だったので慌てて捕獲。
カジシンの「サラマンダー殲滅」系、人類滅亡間際モノが好きなのですよ。
飛浩隆「グラン・ヴァカンス」のような苦痛の塊シーン、幻想や二次元の生物たちが次々に襲いかかるシーン、それぞれのジェノサイダーたちの最期。いやはや痛いですよ。痛い痛い。
ラストはあっさりめですが、すぱっと終われてよかったのかも。

20050201読了.
【2005.02.01】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/265-5f491f33
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。