読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

優秀な魔導師の家系に生まれながら、魔法が大の苦手な12歳の少年“サジュエ”。
ある日、おじいさんの家に遊びに行ったサジュエは、偶然本箱から「赤い本」を見つける。
四冊の魔導書とサジュエを取り巻く強烈かつユニークなキャラクターたちを通し、少年の心の成長を スピード感あふれる筆致で描いた壮大な冒険ファンタジー!


本屋で「日本にもこんなファンタジーがあった」とかえらく壮大なPOPがあって気になっていたのが、図書館でみかけたので借りてきました。色々あるじゃんといいたいがそこはまあ出版社の考え方の違いだろうし。
あまり上手とはいえない文体と描写だけど、慣れればサジュエの成長が気になってページを繰ってしまう。「日本人が書いたんだなー」と思われる箇所には所々ふきだしてしまった(名古屋弁をしゃべる部族とかね)。
かなりいきあたりばったりだし、ポコッと都合よくでてくるキャラが多すぎるきらいもあるけど、「願う心と考える力」物語の中心となる気持ちが熱くて爽快でした。

20050121読了.図書館
【2005.01.21】 そのほか
TRACKBACK(2) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/252-a4d83a84
「サジュエと魔法の本-下-青の章」伊藤英彦
「サジュエと魔法の本-下-青の章」伊藤英彦(2004)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、小説、ファンタジー、魔法、児童文学、冒険 上巻だけでは評価できないと評してから二週間。[http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/5573666.html] やっと下巻入手、読了。これはおもしろい!おま
「サジュエと魔法の本-上-赤の章」伊藤英彦
「サジュエと魔法の本-上-赤の章」伊藤英彦(2004)☆☆☆☆ ※国内、小説、ファンタジー、魔法、児童文学、冒険 所属しているネットの集まりでちょっと話題になっていた本。上巻だけで評価は決まらないが、なかなか読める。おもしろい。 「もう子どもじゃないけれど、まだオト
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。