読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

猫の身体に乗り移れる能力を持った6年生の智己は、町内で発生した女子児童襲撃事件を猫になって調べることにした。昨年の誘拐未遂事件と同一犯というのだが…。


思わずツッコミをいれたくなる設定の話を、また上手に着地させてしまうというすごい技を持つ西澤さんの新作。
レーベルにあわせて主人公は小学生、舞台も小学校。「なぜか」猫に乗り移れるようになった主人公(ネコ時)と犬ピーターのふれあいが切なく優しく心地いい。
謎とそれを取り巻く状況を通じて、主人公の気持ちも変わり、回りも変わっていく。
アドベンチャー部分も面白かったけど、猫になってそこらへんをうろついてる部分が一番好きだ!ねこだいすき。

20050119読了.図書館
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/250-cdb11263
『いつか、ふたりは二匹』
『いつか、ふたりは二匹』 西澤 保彦著小学生の男の子が主人公なんですが、眠っている間に黒猫の意識をのっとれるんですね。智己くんと言うのですが、彼の通う学校では昨年小学校6年生の女の子があわや誘拐されそうになるという事件が起こっておりました。で、町中ぴりぴり
よろずことのは 【2005.06.20】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。