読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
俗物図鑑/筒井康隆/新潮文庫

ちょっと、いやかなり常軌を逸した人々が、これでもか、これでもかと出てくる本書。「涙」とは縁がないように思えるが、いや、これほど泣いた本もないなあ。何回読んでも泣く。ぼろぼろ泣く。そしてスッキリ。
でもやっぱり該当部分だけ読んでもスッキリしないしちょっとしか泣けない(やっぱり泣くけど)。じっくりねっとりべっとり贈答品や痰や虫や盗聴や覗きやリベートなどなどキチガイじみたこだわりぶりを読み、人となりを味わい、戦いぶりをはらはらと見守り、そして辿りつくラストの攻防を読んでこそ、号泣となるわけですよ。

あと、普通の(笑)泣ける本としては
「ペリペティアの福音」秋山完/ソノラマ文庫 …の、下巻。
「スキップ」北村薫/新潮文庫
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/25-90c87a7f
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。