読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

バイティング・ザ・サン
[bk1]

永遠に人間に奉仕するロボットたちに守られた、労働も病も死さえもない理想都市にひとり牙を剥いた少女がいた。真のユートピアの姿とは? タニス・リーならではの独創性と色彩豊かなファンタジー性をそなえた異色のSF大作。


てかてかしたジェリービーンズのように人工的でジャンクな世界。ロボットとアンドロイドに何もかもしてもらい、なんだかわからないけれどとにかく周りにあたりちらしたいエキセントリックな少女、『わたし』が可愛くてしかたない。享楽的で驕慢で、美しいもの、美味しいもの、綺麗なもの、わくわくするものが大好き。華やかでジャンク用語交じりの訳文も素敵だ。
ペカペカの前半を終えて後半に入ると、がぜん印象が変わってきて1冊で2度おいしいというか。
イラスト(小岐須雅之)もぴったり。美しい一冊です。

20050118読了.図書館
【2005.01.18】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/248-bbc58189
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。