読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

ヴィクトリカの存在の謎の一端が明らかに!?
数十年前、王国ソヴュールに風のように現れ、政治を裏から操った一人の錬金術師がいた。その名をリヴァイアサン。生死不明のまま歴史の舞台から去った彼の手記をヴィクトリカは図書館塔の中から発見する。


巻を増すごとに近づいていく一弥とヴィクトリカの関係(*´▽`)ハァハァ しかしこの先3巻で言ってた通り一弥と別れるとなるとこれがまた切ない……。
4巻まできてようやくアブリルちゃんとご対面です。三角関係……とはちょっと違うけど。
今回もヴィクトリカの灰色の脳細胞(違う)が堪能できてよかった。かわいいとかフリル分とか甘いもの分だけじゃないくて、苦いものとか歪んだものも大事だよね。ちゃんと靴型パイプ置き使ってて(*´▽`)更にアハァ

そして挿絵(武田日向)がすばらしい~!数、質ともに大満足。
カラーもモノクロも何もかも素晴らしい!表紙の透け感、ドレスのフリル具合、表情、何度見てもため息ものです。
そして栞が3巻の着物ヴィクトリカでした。ワーイ!

あとがきもいつも通り彼女とゆかいな仲間たちで面白かったです。いつかエッセイだしてほしい。

それはそうと!
「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」「赤×ピンク」などが重版されるそうですよ!
「赤×ピンク」は発売当時に買えましたが、ガールズガードのほうはブックオフを巡ってようやく発見したものだったなあ……。
すごく好きなシリーズ(になってほしい)なので、これで売れて続きが刊行されると……いいなあ……。
(あっ、ガールズガードはカラー口絵ですごいネタバレしていますので、口絵はカバーなどに挟んでおいて読後見ることを激しく推奨します!!)
記事元:のべるのぶろぐ
記事元:モノグラフ

桜庭一樹オフィシャルサイト:http://sakuraba.if.tv/

20050116読了.
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/246-9a16d4c1
『GOSICK IV 愚者を代弁せよ』
この物語には金髪の美少女がふたり登場する。ひとりは言わずとしれた「萌え」ヴィクトリカ。もうひとりは、これまでそれぞれの巻の冒頭にしか登場する事ができなかった、イギリス人留学生アヴリルである(笑)。なが~い金髪で、運動なんか全然できなさそうな(そして反射神経
手当たり次第の本棚 【2005.03.28】 []
GOSICK IV
「GOSICK」は桜庭一樹さんのミステリ(ライトノベルとも分類可)です。今回は一弥やヴィクトリカの在籍する聖マルグリット学園の謎に迫るお話です。IIIで登場したブライアン・ロスコーも登場し、ヴィクトリカをめぐる謎が深まっていきます。夏休みも近づく日、一弥とア
スカイ・フロータ 【2005.03.16】 []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。