読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

あたし、根岸美弥子。通称ネコ。満月の夜、超能力者のあたしと、テレポーターの杳、そして月の影響をうける体をもつ桂一郎がそろったとき、あたしのマンションはどこかへ通じる扉となった。コバルト文庫からの再刊。


どうも超能力者ものに弱い私。この本も気に入ってしまいました。
予知能力+ちょびっと人をあやつれる力をもつ通称ネコ。テレポーター杳。それにライオンマン。三人そろってネコの部屋に入ったとたん、別の世界へ飛んでしまう。とんだ先ではネコが伝説の神とまちがわれ、戦いを余儀なくされる。
現実の世界では「怪物」「化け物」といわれ、疎外されている3人。でも本気でぶつかれば、そんなのどうだっていい!っていうメッセージが強く感じられる。人はばたばた死ぬけど、さっぱりした読後でした。
【2002.09.16】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/191-c76d727f
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。