読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

櫛森秀一は17歳の高校2年生。母・友子と妹・遥香の3人家族。父を交通事故で失い、母は再婚するが、まもなく離婚。決して裕福ではなかったが、親子3人幸せな生活を送っていた。そう、母の再婚相手だった曾根隆司が舞い戻り、勝手に家に居座るようになるまでは・・・。


叙述ミステリなのでいきなりネタバレですが、≪後味悪い……
無駄に厭世的な≫主人公にあまり共感できなかったのが理由かな。
同じようなDVものなら、「悪夢制御装置」(角川スニーカー)に収録の「階段」(乙一)、叙述ものなら「そして扉はとざされた」(講談社文庫・岡嶋二人)のほうがおすすめ。
【2002.12.06】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/188-7ec1bdf7
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。