読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

ある日、私は片目を失った。そして、その日までの記憶も・・・・。祖父のはからいで眼球移植を受けた私の頭に時折見知らぬ映像がよぎる。その映像の源を求めて旅に出た私は-。


冒頭からすっかりひきこまれてしまった。全体的に水彩絵の具で描いた絵のように透き通っている。あとがきでツっこまれたとあったけど、やっぱりせつなさの達人だよなあ。
スニーカー文庫でだしているのはおもいっきり切な系だし、集英社の「天帝妖弧」なんかもホラーだけどせつない。幻冬舎の「死にぞこないの青」もしかり。そのくせあとがきは爆笑なんだけど。最近刊行ペースが早くてうれしい。あああもっと読みたぁい。
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/181-2ca318e0
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。