読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
20041111225259.jpeg勝負といえばいくらでも本はあるだろうけれど、一番にイメージしたのは
「Kの流儀」中島望/講談社ノベルズ

極真空手の達人(でもウブ)である主人公が、中国拳法、ボクシング、少林寺拳法、柔道、空手、剣道のそれぞれ達人(でもみんな不良)と激しい戦いをくりひろげ続ける話。
ビリビリとしびれる勝負の連続です。
同作者同レーベル「14歳、ルシフェル」もかなりのビリビリ勝負っぷりなのであわせておすすめ。

マンガだと「エースをねらえ!」山本鈴美香/中公文庫 に尽きますね!
勝者の悲哀、師弟の絆、思いやり、触れたら切れそうな緊張感のある世界が余すところなく表現されていて、何度読んでも泣けます。思い出しただけでも泣けてきた。
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://futabk.blog1.fc2.com/tb.php/12-77a325fa
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。