読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
追われる王女の手をひく、
少年泥棒ときまじめなサビネズミたちの物語。
――私をあなたの相棒にしてくれますか?

大好きシリーズ「パトローネ」の外伝…というか過去話。ルフィもちょこーっと出てきます。パトローネからの読者ならニヤリとすることうけあい。ワイリーの過去話かあ…とルフィ分が足りずにちょっと(´・ω・`)ションボリしてた私も満足。

パトローネからの読者なので、どうしても未来のワイリー他登場人物との比較になってしまうけど、まだまだ駆け出しのこそ泥、ワイリーが失敗ばっかりしてても素直でかわいい。むくわれなさっぷりもかわいい。思い出話だけだった鬼ヘイがかっこよすぎる。鬼平というよりスモーカーさんって感じ。ルフィもかわいい。へ~ここからねえ~、とにやにやしちゃうよ。「錆色の血族」たちはあいかわらず、生真面目で可笑しい。大好き。

当たり前なんだけど「いま」のワイリーにつながるお話で、こんな思いを重ねてきて「あの」ワイリーになったんだなあ、あそこで幸せになれてよかったなあ、ワイリー、みたいな、パトローネ信者ですみません。
スニーカーでもトクマエッジでも徳間デュアルでも他でもいいから、パトローネの続きとか完全版!とか出してくれないかなあ。
すっごくすきなんだけど。さっそく読み返してこようっと。

エッジdeデュアル◆インタビュー
http://www.tokuma.co.jp/edge/06interview44.html
スポンサーサイト

しゃべりのプロだろ、教えてよ…あがり症の従弟や口下手の美女から頼られて、話し方教室を開くハメになった若い落語家・三つ葉。苛めにあった小学生や赤面症の野球解説者までが通ってきて…。

「一瞬の風になれ」がすごく面白かった佐藤さん。「神様がくれた指」は今ひとつだったけれど、次と思って読んだこれが面白かった!映画は見てないけど、ちょっと見てみたいな。でも良がいないのはかなり寂しい。

大爆笑!というわけではないんだけれど、春の陽気のようにほのぼのとした雰囲気が気持ちが良くて、言い回しやかわいらしさにクスクスと笑うのが楽しい。まじめでお人好しの三つ葉さん、いい人すぎて損してても気にしない良さん、仕事は出来るがつまらない女という位置づけを頑なに守っている?十河さん、意地っ張り大将優くん、気弱な強面湯河原さん、百才越えてもまだまだ元気そうなお婆さん、ツンデレ?師匠と仲間達、登場人物がみんなみんな愛しくて、人付き合いとか会話ってすごく難しいけどうまくはまるとすごく楽しい。またうまくいくようにと力が入ったりするとだめだったり、しゃべることと聞くことって、ほんとに難しい。
誰かを心から「良し」って言えたり、「良し」と言ってもらえたり、自分で「良し」って思えたりすること、心がけていきたいな。

映画は国分さんが三つ葉役をしたのはCMとかで見たけど、なぜだか読んでる最中、脳内三つ葉役は神田山陽さんでした。おばあちゃんは今ゲゲゲの女房でこみち書房のおばあちゃん役をしてる人。
【2010.05.20】 そのほか
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。