読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
昼どきの秋津新聞社投稿課に届いた一通のメール。添付ファイルに写るのは、拘束された女子中学生だった。その後、メールが届くたびに、彼女は服を剥ぎ取られていく。見ず知らずの少女を救うため、新聞社は身代金を支払うべきなのか?

面白かったー!
いやまあ、面白い、と書いてはいけない題材・状況なのかもしれないけど。
ものすごい勢いで読んじゃった。1時間くらい?
今はいろんな情報があふれていて、こんなことを考えつく女子中学生もいるだろうななんて思ったりして。

それにしても誘拐物イイネイイネー
この本も事件発覚・脅迫者と被脅迫者の攻防、被脅迫者側の内部分裂、身代金のやりとり、犯人のもくろみ、探偵役の活躍と基本的なラインをおさえつつ、ディテールにこだわった石持節がおもしろさをいや増しますね。
ちょこちょこ、これはないんじゃ?というのもあるけど(゚ε゚)キニシナイ!!

それにしても、もしいきなり家のPCに同じような脅迫メールと写真が送られてきたらどうしよう!人道的には身代金はらわなきゃだけど、ない袖は振れない・・・・・・っていうか怖くて添付開けないかも・・・・・・
スポンサーサイト

【2010.02.28】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
2008年 年刊日本SF傑作選

法月綸太郎/林巧/樺山三英/小林泰三/津原泰水/藤野可織/岸本佐和子/石川美南/最相葉月/Boichi/倉田英之/堀晃/小川一水/円城塔/伊藤計劃

一言感想。
■法月綸太郎:「ノックスの十戒」中国人きのどくwww
■林巧「エイミーの敗北」へえ( ´_ゝ`)
■樺山三英「ONE PIECES」くどくどしい形容の寄せ集まりが怪物になった。
■小林泰三「時空争奪」シュレディンガーの宇宙開闢あるいは終焉。
■津原泰水「土の枕」なぜこれが。
■藤野可織「胡蝶蘭」キューティーホラー?だだこね胡蝶蘭かわいい。
■岸本佐和子「分数アパート」どれも強烈で楽しいけど、分数アパートが秀逸すぎ!面白かった
■石川美南「眠り課」絶対眠り課ってあるよねえ。
■最相葉月「幻の絵の先生」星新一のはなし。SFか?
■Boichi「全てはマグロのためだった」バカなのに感動作。マグロバンザイ!ぜひ他のも読んでみたい。
■倉田英之「アキバ忍法帖」バカwww 挿絵がついているからこそ、という感じ。長編化したのもちょっと読んでみたいw
■堀晃「笑う闇」人間とロボットのうらやましい関係いい話。
■小川一水「青い星まで飛んでいけ」こんなハイテンションぽいのも書くんだねー。意外。
■円城塔「ムーンシャイン」いつも通りよくわからない。文系饒舌数学?
■伊藤計劃「From the Nothing, With Love.」世界がばらばらになる感覚。不確かな現実との決別のさみしさ。

「分数アパート」「全てはマグロのためだった」「From the Nothing, With Love.」 が好き。
SF外からの参加者?も面白いですね。こういう出会いはアンソロならでは。

今度こそ掲載してほしい作家
古橋さん/長谷センセ/伊東京一さん/西澤さん/森岡さん/意外と井上夢人さんなんか親和性ありそう/マンガ部門は佐々木淳子さんでぜひ!
【2010.02.27】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
ある夜、
空から星々が消え、
月も消えた。
翌朝、
太陽は昇ったが、
それは贋物だった…。

SFって面白いなあ!
妄想力というか、「今はこうだけど、実はこうだったら?」「じゃああっちだったら?」とか空想を限りなく広げていったらお話ができました!っていう雰囲気がすごく好きだ。
星がなくなった夜のことを思い浮かべると、真っ黒な蓋のような夜空が怖すぎる。
ダイアンとジェイスン、タイラーの今とはるかな未来。恐ろしい状況が少しずつあきらかになっていくのが怖い。
地球と外界との圧倒的な時間の差が怖い。
でも面白い!
ストイックなジェイスンにはもっと幸せが訪れてほしかったなあ。
【2010.02.18】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「アリスも恋する雌なんだねぇ…」
「雌って言うな!!」

パンティパンティうるせえよヽ(`Д´)ノ
電撃文庫で以前発売された「ALICE」の続編(感想)。絵師さんもエナミさんから千葉サドルさんにかわりました。かわいい。でもキャラデザ:エナミさんとか書かなくていいのかこれ。

同じキャラクター、同じ作家、同じ世界だけど、編集さんがかわればこんなにもかわってしまうのかなあ。妙に電撃の編集さんが有能に思えてしまった。というか、ずれてきたんだなあ、と寂しく思う。ラノベコーナー見ればかわいい女の子がパンチラしたり巨乳をみせつけてたり半裸だったりぱんつはいてなかったり、たまにそんなのがあってもいいけど全部かよ!みたいな。ぱんつ言っとけば売れるのかよ、それでいいのか編集部、てなもんですよ。
ぱんつじゃなくて中身で売れ!と。
おかげで、BOBOなどたばた場面とラブ一辺倒なアリス部分が乖離してるし、アリスはでれでれで強さのかけらもないし(肉体的には充分強いけど)、前作の重要だけど細かい部分をかっとばしてるし、とにかくすっごく残念な続編でした。薄いのに高いし!

でもBOBOは好きだよ!魚屋も好きだよ!こっちも変わってなかったシシドーも好きだよ!
サンマと太刀魚があんなことにねえ・・・フフフ
「目覚めよ!!」
人類に迫る
“闇の至高神”の脅威―!!

ルーンロードシリーズの第2巻。4冊目だけど。日本だとこの4冊しかまだ刊行されてないようだったのでうっかりこれで完結かと思ったらまだ続くのねー。原書は4巻まで刊行中!らしいのでまだまだ続くのか。

男性陣がのきなみ1巻での印象をかえてきたものの、女性陣はかわらず芯の強さを感じさせます。女は強し、というところか?
それにしてもミリマがかわいそうすぎる(´・ω・`)魅力ってそんなにあらがえないものかしら。だとすれば、次色々なくしたグボーンが大王に会ったらあらがえなかったりは・・・・・・しないか。

大王のほうがまだ一貫した主義があるけれど、グボーンはまだまだ揺れ動くお年頃?男性陣にはしっかりしてほしいですねー。まだまだ一段落すらしていない上、3巻の刊行予定も決まってないみたいなのがもやっともやっと。
【2010.02.09】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
新人マネージャーと
野球部の仲間達が
ドラッカーを読んで
甲子園をめざす青春小説!

表紙絵にだまされる事なかれ。

どんなラブコメかハーレムかエロゲかっていうような表紙(失礼)だけど中身はかなりまっとう。
読んだこと無いけど「マネジメント」という本の入門書的な物語。というかほんと入門。どうやって「マネジメント」にかかれていることを実地で活かしていくかを丁寧になぞっている。
あたりまえのことなんだけど、いわれてみれば確かにそうだ、ということとか、言われてみて初めて意識することとかあって物語の筋道とは別の所でも面白くて得した気分になったり。
実際はこんなにうまくマネジメントできるわけないんだろうけど、何かを自分でもやってみたくなる魔力がある。
これ読んだら「マネジメント」読みたくなる。ダイヤモンド社は商売がうまいなあ。顧客の心をつかんでる!
【2010.02.02】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
大ヒットしたコンピュータゲーム「ウィザードリィ」第3シナリオを基に小説化。世紀を超えて甦る、ハイ・ファンタジーの終着点。絶望を乗り越え、生きるために対峙する男たちの姿を描いた上巻。宝島社1994年刊の再刊。

ウィザードリィはやってなくて、全然わからないんだけど楽しくてかっこよかった!
これぞファンタジー、これぞ冒険!
みっしりと密度が濃くて、一瞬先のこともわからない緊張感。ぎりぎりのところまで踏み込んでの命のやりとり。人間以外のたくさんの種族。友情とはかない恋と信頼と。
すごく浸って楽しみました。
【2010.02.02】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
ひきこもりの青年の「悪魔祓い」を依頼された男と、一瞬にして300億円を損失した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空-。物語は、彼らがつくる。
「人を助けずにはいられない男」
それ読んだだけですっごくそそられて図書館5人待ち。

西澤保彦はSFミステリ、とすると伊坂幸太郎はファンタジーミステリ?うやむやな設定で結局なんだったんだろう。
わかりやすい物語を求めるようになっちゃったのかなあ。年かなあorz
【2010.02.01】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。