読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
わーい3巻で終わるはずだったところが上下にわかれたよ!
この調子でめニクル4とか5とか6とか出ないかなー。あの雰囲気がすごく好きなので。
でもほかのシリーズも読んでみたいというのもあり。

今まで真壁君プッシュプッシュ!だったのが今回は持ち上げられたり落とされたり。
私単純なので、ちょっとヤナヤツイメージがついてしまったw
覚悟してきたはずなのに、そんなにあっさり帰るってきめていいの?なんかかっこつけてるけど中途半端じゃね?みたいな。
そして葵ちゃんの株急上昇。ほんと私単純すぎる。
なんか迷宮街とそれ以外の町の温度差が悲しくて苦しいから、もう迷宮街での話ばっかり読みたい、みたいなもんですよ。迷宮街オンリー短編集とかでないかしら。その温度差、世界観のずれっぷりがめニクルの主題の一つだとは思うのだけれど、外の側のことを思うとせつなすぎる。
それぞれの部隊の一潜りずつを読んでみたいなあ。一人一人の真壁や雪お嬢とのかかわりはわかるけど、部隊ではどんな感じなのかな、どんな役割なのかな、とか。もうお亡くなりになってるかたも、そうでない方も、在りし日の幸せというか、存在を見てみたい。

3-上、副題が「夜明け前に闇深く」、ジャンプの前のためというか、下のための上(まあ、当たり前すぎてアレだが)、問題が山積みですねー。あとマドンナ神出鬼没。あと謎ニックネーム面白。彼女に関しては私全面的に色々支持します。

で、3-下はいつ出るのかね?

それから相関図更新。
例によって3(上)までのネタバレを盛大に含みます。
スポンサーサイト


[READ MORE...]
激しくBL注意!

図書館でネット予約してて、新刊コーナーにあったもの。とりあえず「制服」と「インモラル」に反応してとりあえず予約入れといたもの。
ミギーさんが表紙でなんか得した気分。

はじめっからおわりまで、BLエロ小説+ネット小説でした。モリナツさんの「先輩と私」を前にリクエストした時は官能小説だからだめって言われたのにこれはいいのかよう、という感じでした。あんな高校生いやだ。

しかし表紙絵がなんとなく女学生二人に見えて、「もしかして百合かな(*´д`*)?」とwktkしてしまった私が言うのもなんだが、BLものはちゃんとわかるようにレーベル分けしてほしいと思いました。
レーベル公式に、”サリサリとはタガログ語で「何でもあり」の意味。”とあるけど混ぜるな危険ってのはあると思うの。
今日も今日とて、喫茶店『不眠症』でバカ3人組がバカ話に興じていた。リーダー格で熱血漢の柳原心太、通称テングサ。クールな二枚目であるところの鈴木地球、通称あっちゃん。ちょっと小太りで三枚目の佐藤流星愛、通称サトル。ヘンテコな名前を持つ3人は、同じ高校に通う遊び仲間だった。そこにテングサを訪ねて、怪しげな女性がやってくる。彼女は暗い顔で言った。「人を殺してほしい」と―。邪神をその身に宿す少年テングサを巡る奇々怪々な事件が、ここに幕を開ける。バカ少年たちは、コスプレ姐さんや美少女殺し屋の襲撃から逃れられるのか。

電撃文庫のメルマガみてて、刊行予定に牧野さんの名前があった時はびっくりしたなー!まあ、デビューもハヤカワのラノベレーベル風なのだし、ソノラマでも書いてるし、おかしくはないんだけど、なんか意外でびっくりした。

中身はラノベっぽい味付けはされているもののあいかわらずの牧野さんで、男子3人組がバカ話してぐだぐだしてる「こっち側」と、邪神としてのあれこれな「あっち側」。「こっち側」はひたすら等身大で、バカで、なつかしくてちょこっとラブでまったりぐだぐだ。「あっち側」は血も殺人もグロもスプラッタもメンヘルもメルヘンもなんでもありのぐっちゃぐちゃ。
「こっち側」と「あっち側」のギャップがすごくておもしろかったー!
邪神システムもおもしろかったからまた続きがよみたいんだけど、難しいかなあ。
武士道シリーズ第三弾!
18才になって「今」だけじゃなくて「これから」を考え始めた二人の物語、とその周辺。
お互いがお互いを尊重して、でも違う「自分」を確立していこうとするところ。熱くていいです!
その周辺は・・・別の本で出してもよかったんじゃないかな。
ナインティーン、出ないかなあ。

ところで武士道シックスティーンが映画化されたようですが、とりあえず北乃きいちゃんが香織のほうが似合う気がする。香織→ショートカット 早苗→ロング というイメージがあるけど、描写あったっけ。
【2009.10.04】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「母さん死ぬな―」
へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。

フリーターが家買っちゃってこれからがんばるみたいな話だと思ってた。
結局フリーター、家買ってないww

人間、楽しようと思えばできちゃうんだよね。で、楽してるとさらに堕落してくわけだ。
(人が作ってくれたご飯を)食って(片づけもせず)(人が洗濯してくれた服を着て人が洗濯してくれたシーツの敷いてある布団で)寝て好きなことだけしてるだけなら簡単だ。「やればできる」=「やらないからできてない」だし。
前半はそんな感じで、後半は「やったらできた社会人生活」。まあうまくいきすぎだけどそこはそれ。お話終わらないから。

でも最後の恋愛分はいらなくね?
姐さんでてくるのはかまわないんだけど、無理に恋愛からませなくても。恋愛からませなきゃいけない契約でもあるのか?というほど唐突で。別にあのセリフは恋愛からまなくても事実言えてるわけだし。
せっかく「社会人がんばれいい話」ですっきりしてたとこなのにー。
【2009.10.01】 そのほか
TRACKBACK(2) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。