読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
td>ノースカロライナへ引っ越してきたフレッチャー家。孤独癖のある長男スティーヴィにも何人かの友達ができたようだが、彼の話には何かつじつまの合わない所がある。やがて、一家の回りで奇妙な出来事が次々に起こり始める。

あれを言ったらもうわかっちゃうんだけど、まあ「シックスセンス」ネタ。あの部分にきた時は ヒィ(゜д゜lll)! でしたよ。
主たるライン(スティーヴィライン)がすっごく存在感がなくて、それ以外のモルモン教ラインだのフレッチャーの仕事ラインだの奥さんのご近所関係ラインだのが長いよー。その長さがスティーヴィへの関心の薄さというか弱さだったのかな。
スポンサーサイト

【2009.09.17】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
マルドゥック・スクランブルの続編、というか前日譚。どうなるのかがわかっていて、スクランブルにつながるために進む物語がとても痛かった。

スクランブルよりもさらに加速度を増した文体。加速度を重視するあまり描写を捨て去った。あんまり捨てちゃうもんだから途中読みにくくなるんだけどやっぱり圧倒的。でもやっぱり読みにくいよね。これはスクランブルからの熱があったから読み切れたけど、シュピーゲルシリーズは読めなかった。


以下ネタばれ

[READ MORE...]
【2009.09.12】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
雨の日、気まぐれに駅のホームに現われて易を立てるという謎の老人。とある事故を予知したことが広まってその存在が知られることになり、彼の助言を求めて、人々が駅を訪れるようになるのだが。易とは何なのか? その結果によって悩める人々は救われるのか? 東京の下町を舞台に、人々の複雑な想いが絡みあい綾をなす、異色の連作人情ミステリ!

日常の謎+安楽椅子探偵・・・・・・はよくあるけど、それにさらに「易占」をまぜた本。ほのぼの。カスミさんが好きだ。まだその時点ではわからない正解があって、あーだこーだいいながら易の解釈をするあたり、なんとなく「風が吹いたら桶屋がもうかる@井上夢人」のチョーノーリョク談義に似てる気がした。
【2009.09.10】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
科学文明と無縁に育った青年が天空にのびる“天橋立”で出会った女の子は、とびきり可愛い宇宙旅行の案内係だった―無垢な若者が初体験するめくるめく恋と大気圏離脱を描いた表題作、“ロボット工学の三原則”の間隙を突く「灰色の車輪」、男女の権利格差が逆転した社会の秘密を描く「性交体験者」等、バラエティに富んだアイデアを論理的に突き詰めた、全8篇収録の奇想SF博物館。

表紙はこれだが、どちらかというと端正なSF短編集。表紙絵につられて買ったらたぶんびっくりだ。
未来の小説講座「あの日」、暴力的ファーストコンタクトもの「300万」、いい話ファーストコンタクトもの「銀の舟」が好き。
【2009.09.10】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた「俺」は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じながらも依頼を果したのだが、その帰り道、何者かによって殺されそうになった。そして、ひとり調査を続けた「俺」が知ったのは依頼人と同じ名前の女が、地上げ放火ですでに殺されていたことだった。

読書メーターとハヤカワのコラボに挑戦中。とりあえず家にあるのと図書館にあるのを読む。
この「読書メーターと早川文庫の100冊」ってどんな基準で選んだんだろう?これってシリーズ2冊目なんですよね。なんかやけに普通によくわからない名字の人たちが活躍したりしてるなあ、とは思ったんですよ。読み終わってからシリーズものって気づいた私バカだw

以前「ハードボイルド=やせ我慢」と学んだんですが、この「俺」も小市民的やせ我慢。うん、ハードボイルド。健康的なんだか非健康的なんだかわからない「俺」が、探偵のようなことをしたりしなかったりするぐだぐだした物語。のんびり楽しんだ。
【2009.09.10】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、もう一人の生き残り・輔が姿を現わす。あの秘密の記憶から、今、新たな黒い影が生まれようとしていた―。

「風が強く吹いている」がたいそう面白かったので、同作者の別作品を図書館から借りてみた。
鬱屈した。
描写が、とか状況が、とかじゃなく、その空気がひたすら陰惨で、登場人物みな煮詰まってほっとかれて腐敗したようで、とにかく「光」を求めてみたけれどそんなものはなくて、その「光」のなさで登場人物が不憫になって、ひたすら鬱屈した。


【2009.09.09】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。