読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
ここは
汚れなき
理想郷の
はずだった
図書館でそれぞれ8人待ち。普通に上下両方予約したら、なんでか下巻のほうが消化の進みが早い。結局下巻の返却日(12日)ぎりぎりの今日(というか昨日)に上巻ゲット。この厚みで2冊、読めんのかなと思ってたけど、思ってたより字が大きいし一段組だったのもあって読めたー。
しかし、「新世界より」が面白いよ!という話は聞いていて予約したものの、なんでかミステリものだとばかり思っていたらSFだったのでびっくり。第29回日本SF大賞受賞してるのに何を勘違いしてたんだろ。

小学生の頃、似たような(といってもこんなディストピア小説ではなかったけど)児童書を読んだような気がする。はるか未来、原始返りしたような社会の中で、コロニーの中の少年少女が主人公だった。鬱蒼とした森がカバーだった気がする。とても面白かった覚えはあるのに、作家の名前も本の名前もちゃんとした内容すら何も思い出せない。後に読んだ筒井康隆とか井上ひさしとかの本とも混じっちゃってる気もする。なんだか「新世界より」を読んで、すごくこの本の事が頭にのぼった。
あとBASARAとかクロスオーバーとかBIOMEとかいろんな本のことも考えた。

まあ主人公としては語り手である早季であるんだろうけれど、なによりこの「新世界」を描ききったというところが好きだ。選民意識とか大虐殺とか変異体とかいろいろ胸糞悪いところとかあるけど、たしかにひとつの世界だった。迷宮街クロニクルでもそうだけど、その局地的な社会が主人公なんだよね。それにしても、いくら警戒しようとも、おしこめてやりすごそうとしても、色々と操作しようとしても、狩猟本能というか暴力性ってのはついてまわるものなのかなあ。

私は基本的に甘ちゃんwなので、ジュブナイルロマンスっぽい上巻のほうが好きです。
しかしラスト、なぜ早季はあの言葉で締めたのだろうか。流れで読み終わった時はじーんときたけど、今となって考えるとそれでよかったのかわからなくなってきた。
スポンサーサイト

【2009.05.12】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
【蒼き賞(第1回)】世界中の空から星が消えた30××年。高校生の高藤尚人は、ある日学校の屋上で、まさに飛び降りようとしている女子を見つけ…。10代限定の文学新人賞「蒼き賞」グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞の3作品を収録。

読書メーターだったかな?どこかでべたぼめされてたので借りてみました。
ページめくって「横書きかよ!」と一瞬読むのをやめかけましたが、思ったほどケータイ小説じゃなくてよかったー。10代がみんなケータイ小説なんて偏見もってごめんなさい。
どうやら「世界が終わる夜に」というテーマらしい。
グランプリ【孤独星】
ちょっとひねった「世界が終わる夜に」。知らないことを知ることは、失ったものを取り返すこと。
準グランプリ【陽のあたるとこと】
世界が終わるちょっといい話
審査員特別賞【×(かける)】
ネット×ゲーム×マンガ×世界が終わる夜。停滞してるとこと疾走してるとこのメリハリが好きだ。

でもなんで横書き?
【2009.05.06】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
小鳩君に、彼女ができました。
「ねえ、ジョーって呼んでいい?」
わたし、前から思っていたの。
恋とはどんなものかしらって。
ようやく、ようやく読めました。季節限定スイーツ事件シリーズ(でいいのかな)
私、栗といえば渋皮煮が好きです。

それはまあいいんですが、のっけから恋愛っぽく始まった秋期。でも相手が小山内さんであり小鳩くんである限り、ウフフアハハなものにはなりようがなく、どこまでもピリピリとした雰囲気がただよってるのがサイコーですね!
春期で「小市民の星をめざすんだ」みたいなことを言っておきながら、逆に非・小市民への道まっしぐらでどんどん黒米澤節全開ですね。そこが好き。二人とももうあきらめてるよね。口癖のように「小市民たれ」という思考がしみついてるけど。でも地の文もどこまで本当のことなのやら。
小山内さんも小鳩君も甘いものたくさんたくさん食べて、糖衣を着こんではいるけど皮一枚隔てた中身は甘さの欠片もない。この先このシリーズがどんな方向に進んでいくのか、怖いようだけど、やっぱり楽しみだ。

冬期はなにかなー。おしるこかなー、チョコレートかなー。それに、季節は巡るわけですし、2回目の春期限定もあってもいいと思うの。小山内さんにもまだまだ糖衣は必要そうだし。


[READ MORE...]
【2009.05.06】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
父に命じられ、隣国フーバニアに赴く博物画家志望の青年エラード。唯一の資料、100年前に書かれた地誌を頼りに出発するも、旅は苦難続き。しかもエラードの窮地を救ったのは「人食い人種」と言われるフーバニア人で…。


「モンスターズ・イン・パラダイス」「竜の夢見る街で」に引き続き、「人外と人間のほのぼの生活」。
人間達も人外の方々?も良いんだけど、縞田さんの描く物語は「その土地」「その場所」が主人公というか、まず生き物が暮らす場所と暮らしぶりがあってこそですね。つまりフーバニアだいすきってことですが。
見たことのないような生き物、見たことのない植物、美しく善良な人々、美味しい生活w、エラードでなくてもわくわくしてきますね!すごくきれいにまとまったけれど、微妙に謎は残されたままだし、ぜひぜひ、続編も読みたい!
でも、長ズボンはいたほうがいいと思います!
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。