読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
あいかわらずドジでのんびりした日々を過ごしていたこよみのもとに、謎の魔法生物Firefoxが現れる。意思疎通もできないが、なぜかこよみに懐いていつも一緒。しかも、なぜかFirefoxと一緒だと魔法が使えるのだ!あこがれの魔法ライフが始まる!
薄いっ!
なんかこよみ、こんなひらがなばっかりのアホの子だったかなー、と思ったけど既刊が見つからないので読み返せない。
あんまりアホの子すぎてとちゅう嫌になってきたんだけど、最後まで読むとやっぱり面白いので悔しい。
とりあえずこよみ以外の人々の活躍が7巻では見たいわー。これからどんどん終結に向かっていくのかな。
あとは挿絵のあざとさがもうちょっとなんとかなれば……。
スポンサーサイト

京都、迷宮街。
死と隣り合わせの街。
儚く幸せな日常。

またサインが欲しいので、さっそく読む。(私web版は未読です。でもって一巻の感想はこちら
わくわくしながら読み始めて、130ページまでいったところで「だぁぁぁっ!駄目っ!1巻から読み直さないと駄目っ!」と、とりあえず1巻から読み直しました。続けて読むとわかりやすい(´∀`)!

あいかわらず重苦しいです。「ギリギリのキワキワが面白いのよね~(´∀`)」とか軽々しく言っちゃいけない雰囲気。作中で真壁たちも言っていましたが、人が迷宮街にもぐりはじめてからまだ1年経っていない。そんな浅い歴史の中でも歴戦の戦士のようになってしまうというのはどれだけの毎日だったのか。密度の濃さに息が詰まりそうです。

1巻の感想で、「死はからくりサーカスなんかじゃ最高の最期の見せ場だけど、めニクルは日常のひとこまでしかない」みたいなことを書いたんですが、2巻読んで更に「死がいい話になっちゃいけない世界」だと強く思いました。

まだまだ色々伏線あるし、下巻早く読みたいなあ~!っていうか、あと一冊といわず、何冊でも間に挟んでくださって構わないのですが。どんどん分厚くなるといいと思う!
真城さんとか鈴木家族とか、ほかにもちょっとしか出てこない人とかのももっともっと読みたいです(´∀`)


↓続きは更にネタバレいっぱいです


[READ MORE...]
【C★NOVELS大賞特別賞(第4回)】
父親に会いにアルゼンチンへやってきたケン。謎の少年イサと出会ってから平凡な人生は急展開。ケンは、あちらとこちらの境界(マルゴ)の向こう、人ならぬものが暮らす世界での諍いをおさめる「調停人」の候補だそうで…!
とりあえずみんな読んだんだけど、特になにも書くことがない。
なんていうか、起承転結でいうと起の前。面白いとか面白くないとか以前に、まだ何も始まってない。
そんな感じ。
2月末日に発生した誘拐事件。香奈子が一番大きな恐怖に駆られたのは、幼稚園の玄関先で担任が「あなたにちゃんと圭太クン渡したじゃないですか」と言い出したときだった-。大きなどんでん返しが待ち受けるミステリー小説。
なるほどー。
まあどんどん読んでいったんだけど、登場人物みんな一癖二癖ある感じで、警部イラつくー、とか義姉どこいったん?とか過去隣人のダンナの話はいったい?とか3部?のアレはねーべ、とかどうでもいいような些細なことがずーっと引っかかってしまう本だった。ほんとあの警部いらつく。

【2009.04.02】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。