読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
誘拐歴史的な条約締結を控え、全警察力が来日する韓国大統領の警護に集まる中、少女誘拐事件は起きた。全く痕跡を残さない犯人に、大混乱に陥る警視庁。謎が憶測を呼び、憶測は疑念に変わる-。
どこで見たんだったかなー、「99%の誘拐@岡嶋二人」に匹敵する面白さ!とかなんとか。そう言われて、99%~から誘拐ものスキーになった私としては読まずにはいられません!
そんなわけで、「ほんとに面白いの~?」って感じに斜めにかまえて読み始めましたが、けっこう斬新な手口の誘拐で序盤わくわくしちゃいました。でも結構伏線が伏せてないっていうか……(´-`)
あとまあ確かに主人公にはトキワ銀行に対する恨みとかあるんだけど、ぶっちゃけ孫娘のワガママにすぎないのに、そこまで大きな犯罪に手を染めるかなあ、とか、用意してた1500万→4億円、全部あげちゃってこの先生活どうすんの、とか、星野警部補、なにいきなりシリーズものの主人公っぽいふるまいしてんのとか、あそこまで色々周到に用意したのに本名宅配便かよ!ねーよ!とか気になって気になって。
でもまた誘拐もの読んじゃうもんねー。また99%~が引き合いに出されてるけど負けないもんねー(←?)


追記。
伊藤計劃さんが亡くなられたそうです。「虐殺器官」はまだ読みかけのままです。アンソロ「虚構機関」での「The Indifference Engine」がすごく面白かった。もっとあんな風にぎりぎりなのを読みたかったです。残念です。どうぞ安らかに。
スポンサーサイト

【2009.03.24】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
2008年下半期ライトノベル萌杯、面白そうなので参加します。該当書籍一覧見たら、全然読んでないなあ。ラノサイ杯ではなかった本があったり、運営おつかれさまです。投票キャラクター普通ですみません。
タイトルクリックで感想記事へ。

【08下期ラ萌投票/既存/9784086012034/クリス、パメラ、シャーロック】
【08下期ラ萌投票/既存/9784062762267/玖渚蒼、紫木一姫、零崎人識】
【08下期ラ萌投票/既存/DENGEKI:SOLID/RYU-CO、ALICE】
【08下期ラ萌投票/既存/9784044267117/鴉木メイゼル】

■既存部門しかない

ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ/青木祐子/コバルト文庫
《クリス、パメラ、シャーロック》
最初ラノ萌杯の話を聞いた時まっさきに恋ドレのことが浮かんだんですが、1冊1キャラだと思っていて、クリスかパメラかシャーロック?選べねぇぇぇぇヽ(`Д´)ノと思っていたけど1冊3キャラでよかった。ほんとよかった。
一途で優しくてでドレスとシャーロックが好きでほんと、クリスかわいい(*´д`*)初心なあのこを俺色に染めてやるぜ!気分にすごいさせてくれるんだけど結局ぜんぜん染められないんだよね。
パメラは見た目もそうだけど、自分をよく知っててクリスが大好きで、お料理上手であしらい上手で自分よりまず誰かの事を考えちゃうのが好きだ。パメラも幸せになっとくれ(´-`)パメラの成分ってきっと甘いものと柔らかいものとレースとふわふわなものとちょっぴり苦いものがたくさんつまってるんだと思う!
シャーロックはなんていうか、恋ドレの乙女部分担当というかいつになったらクリス連れてローストビーフ食べにいけるんだ?みたいなところと、社交界でのそつのない姿のギャップがかわいいですよねえ。
とりあえずこの主要3人に投票したけど、恋ドレはゲストの女の子たちもアディル様もパメラにいいよる男達もみんなかわいいんだよねえ(*´д`*)

戯言シリーズ/西尾維新/講談社文庫
《玖渚蒼、紫木一姫、零崎人識》
俺様ちゃんかわいいよ俺様ちゃん(*´д`*)ハァハァ久渚タンブルセラっこで天才で蒼で甘えんぼで残酷で最高かわええ
姫ちゃんの言いまつがいが好きだ。素直なところが好きだ。制服が好きだ。
人識くんの親切さが好きだ。なんだかんだといいつつも面倒見のいいところも好きだ。へんな服装センスも好きだ。どんどん殺したり晒したりばらしたりしちゃってください。
人間シリーズの新刊早く出してください

ソリッドファイター完全版/古橋秀之/メディアワークス
《RYU-CO、ALICE》
まったくなんでハードカバーで普通に出版しないかね!
そんでもって主人公であるところのスダケンが使うソリッド「RYU-CO」に一票。チートなみに強くてー、ぼんきゅっぼんでー、コマンド↓↓↓入れたら丈の短いジャケットに押さえつけられてたお胸がぼいーんたゆんたゆん(*´д`*)、ですよ!もうね、サイコー!
結城さんのALICEも余分なものつけすぎたかわいさがあります。リボンにふりふりスカート、中身はないちち。萌え。脳内での声イメージはサクラ大戦のアイリス。

円環少女/長谷敏司/スニーカー文庫
《鴉木メイゼル》
嗜虐的変態性ここにきわまれり。しかもロリだし。しかもどんどん成長してるし、そのうちこのシリーズ18禁になるんじゃね?メイゼルは自分の欲望思いにまっすぐでかわいいなあ。
それにしても舞花ちゃんの泣けっぷり、仁の八方美人っぷり、エレオノールの矜持の高さ、《茨姫》のどMっぷり、セラ・バラードの全裸っぷり、浅利ケイツのダメダメっぷり、東郷永光先生の男っぷり、八咬誠志郎のハンサムっぷり、倉本きずなの巨乳っぷりもどれもこれも好きすぎる!
【2009.03.13】 マイベスト
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
若き騎士と宇宙生命体。故郷をなくした二人の出会いが神聖ローマ帝国の歴史を動かす!書き下ろし長篇歴史SF。
とてもよかった!
物の大小や過程はさまざまあれど、何かを大勢で作っていく話っていうのはなんと面白いものでしょう。ここでは宇宙生命体=泉の精霊の見守る中洲をすべてにおいて新しい街として作り上げていく。新しいものや奇異なものは迫害されやすい。SF分は全能っぽい「泉の精霊」の出自とか「泉の精霊」と対立するものに集約されてて、サブタイ通りほとんどある街の歴史物語なので、普段SF読まない人でも気軽に薦められそう。
それにしても、「興亡記」っていうサブタイ、「興」はいいけど「亡」は読みたくねーよヽ(`Д´)ノと思いラストらへんはもうびくびくものでしたが、思ったより「亡」ってなかったのでよかったです。
序盤、エルメントーデが急に立ち止まって居残ることを決めたシーンとか、レーズがエルメントーデをいぶかしげに感じてる部分とか妙にういてる気がするんだけど、これってミスディレクションしようとしてたのかな?

小川一水さんは長編より短編のほうが好きだったけど、これからは長編も目が離せないですね!
【2009.03.07】 SF
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
人は彼を超人間と呼ぶ…!!
岩村陽春は平凡な学生だが、奇妙な癖があった。人が無理や不可能という言葉を口にすると怒り出すのだ。そして彼は、本当に不可能か確かめるために行動を開始する。第7回スーパーダッシュ小説新人賞佳作受賞作。
こちらもラノサイ杯から。
めちゃくちゃ面白かった!

ひたすら暑苦しく正統派の熱い男、岩村。大真面目に吐くクサイセリフが最高。さらに元気な病人多村と、巨漢の食いしん坊(というレベルじゃないが)マルちゃん。この三人組、サイコー!リアリティ?なにそれおいしいの?新聞部の才媛・杉浦嬢と五月ちゃんもいい雰囲気。でもそういやなんで生徒会は杉浦嬢を引き入れたがるのかな?

最強の助っ人として今回は柔道部と演劇部を救っちゃうわけだけど、どっちもイイ!ね!
真面目に暑苦しいわけだけど、岩村のあの気質がどこまで正直なものなのか、演じているのかとか色々伏線めいたものもたくさん残ってるし、絵に描いたような正統派?悪役な生徒会vs弱小部活という話の動機付けはいくらでも続編がかけそうなので、しばらくこの世界に浸ってたいな。続編&シリーズ化希望!もちろん他の話も読んでみたいわけだけど。
toi8さんの絵もばっちりはまってますね(´∀`)楽しかったー。

作者:滝川廉治さんのblog
http://takisyun.blog59.fc2.com/
絵師:toi8さんのサイト
http://ikebukuro.cool.ne.jp/toi8/
(今なら超人間・岩村の表紙絵でっかいサイズが見れますよー)
ガガガ文庫リバイバルシリーズ
収録作:
風霜に舞うひとひら
妖病棟
うしとら大好き!
あいかわらず日輪ちゃんにはサービスカットがありますなあ。妖病棟には麻子カットもあるよ!
うしとらのホラー部分を色濃く受け継ぐうしとら小説版、2巻もホラー全開です。
この2巻は熱よりもホラー部分を強く感じました。1巻のほうが好きかな。
でも相変わらず藤田さんのサービス精神はすごいですね。
とら真由もあるよ!

高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち......。様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!?
本屋で武士道シリーズと並べて「スポーツもの」でおすすめされてた本。(ひゃくはち!もありました)
まさしく「スポーツもの」で、ひたすらボクシングの練習して試合して練習して試合して練習して……という本。王道の「努力しつづける天才」と「天性の天才」の幼馴染二人のストーリーと先輩、マネージャー、先生と幾人もの関係者それぞれに熱い思いがあってページ繰る手に汗が滲む。
ボクシングってTVだと痛くて見てられないんだけど、とりあえず本だから想像力にフィルターかけたら大丈夫。その分ボクシングの科学的なところとか、思惑とかTV中継ではわからないところが面白い。先生のお見合い話とかいつのまにか結婚してたとか、木樽くんの復讐話とかそういうのはちょっと蛇足だったように思うけど、主人公二人の熱い物語はがっつり楽しみました。
コッテリ焼肉定食大盛り食ったー!って感じ。
【2009.03.03】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
12月のある土曜日、森野夜はひとり殺人現場へと向かった。
記念写真を撮るために──。
乙一GOTH6年ぶり新作。
GOTH最新作がでてることに先日気づいた。図書館で予約して、昨日受け取ってきた。ソフトカバーで薄めだったけど、楽しみにして今日ページを開いた。半分わけわからん写真だった。そんでもって、字、でかっ!余白、多っ!値段、高っ!ばかにしてんのか角川。
まさしく外伝的だったけど、ひさしぶりに「引きの悪い女」森野さんと「彼」の話が読めて楽しかった。「彼」の雰囲気が、ああそういえばこんなだったなあ、と懐かしかった。
写真、はじめにぱらぱらと見て、なんか作中写真?とリンクでもしてんのかな、と思ってあとからまた見たけど、何の関係もない!まったく、一枚もかすってないよね、あれ。そんでもって効果には見えないぴんぼけ、たいした意味のなさそうな連写、すごい枚数で見切れてるヒロイン、ばかにしてんのか。
この本のことは、忘れよう。
でも記事番号が666だったことは、森野さんの導きかもしれない、とちょっと思ってしまった。
wonder wonderful 上wonder wonderful 下こかげの妹、ひなたは異世界旅行を繰り返すおかしな性質を持っていた。ある日、妹の危機に異世界の国ディーカルアへ飛び込むことになったこかげ。彼女を待っていたものは?
ラノサイ杯より。
面白かった!
久しぶりに「手元に残しておきたい本」を読みました。今お金ないからあとで買うけど。
どこでも言われてることだけど、設定がまずよかった。
「とつぜん異世界に迷い込んで、紆余曲折あったけど結局王子様(王様だけど)と結ばれて、異世界の人たちに愛されてハッピーエンド」な話はちょっとずつ設定を変えては古今東西いろいろでてきたけど、「その後のヒロインの姉」がつくだけでなんか2冊分読んだようなオトクな気分。
ネット小説らしい、読者が主人公の頭の中にいるような一人称ははじめのうち世界から浮いている気もしたけど(でもラノベ的語り口とラノベ的世界観がなぜかずれてるってのもなんか面白い)、すこしずつこかげが動き出すことで違和感なくするする読めて楽しかった。結局夜の10時半に読み始めてこの時間(深夜3時)まで一気読みしちゃったしな!
出てくる登場人物がみんな美形揃いってのはまあお約束として、従者(じゃないが)3人組がかわいいですね!あと、なんだか薄っぺらだったのに一気に加速したのはユーリア様(初期)のせい!みんなそれぞれ、とってもかわいい。あとおじさま萌え。あと執事万能説。
ラスト、「どうか、元気で。」重くて、温かくて、優しい。すごく素敵な言葉だと思った。

作者さんのサイト

番外編やらSSがたくさん!幸せ!
また、他の世界でもお会いしたいです。
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。