読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

ぼくのメジャースプーン「ぼく」の小学校で飼っていたうさぎが、何者かによって殺された。無惨な死体を目撃した「ぼく」の幼なじみ・ふみちゃんは、ショックのあまりに登校拒否に…。大切なあの子を救うため戦う、不思議な力を持つ「ぼく」の7日間。

とてもよかった!
「冷たい校舎の時は止まる」のあまりのドリーマーっぷりに避けていたのだけど、あちこちで好意的に取り上げられていたのでちょっと読んでみました。主人公もヒロインも小学生ということで、作者が二重写しに見えることもなくてのめりこめました。
「悪意」と「罪」と「いのち」。どう天秤に乗せても正しいとは誰にも言い切れないけれど、語らずに済ませてしまうのも間違っている。内容の半分以上を占める、ぼくと秋山先生のやりとりに胸が痛む。自分ならどうするだろう?頭が痛くなりそうだ。
ときおり思い出されるふみちゃんとぼくの思い出が温かくて、少し切ない。何気ない日常風景がいいですね。
スポンサーサイト

【2007.01.25】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []

今日を忘れた明日の僕へ 嵐の夜の事故で瀕死の重傷を負い、記憶を蓄積できないからだになってしまった勇作。頼りになるのは「日記」だけ。様々な謎に取り巻かれるなかから見えてくる、ほんとうの真実とは?

事故の後遺症で、眠るとそれまで起きていた間の記憶を失い、四月一日の時点に戻ってしまう主人公。なんかどこかで読んだことがあるような設定なんだけど、うーん、全然思い出せない。とりあえず井上夢人か西澤保彦あたりが書きそうなミステリですね。
頼りになるのは「日記」と妻だけ。そんな中で後輩や親友の行方がわからなくなったり、謎の女がでてきたりと謎また謎とページを繰る手を止められません。細かな違和感が伏線だったり何が信じられるのかわからなくなったり、ワクドキ感は非常に高いです。面白かった~。
賞をとったらしい「硝子細工のマトリョーシカ」も読んでみようっと。
関係ないけど秋月涼介といっつもごっちゃになって、「どっちが地雷だったっけ…」といつも迷う。そろそろ覚えたい。
【2007.01.24】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []

ステーションの奥の奥ぼくは吸血鬼になりたいです。

「かつて子供だったあなたと少年少女のための」ミステリーランドですが、これは「少年少女のための」に重きがおかれているタイプの本です。しかもインドア派むけ。
ちょっぴり冒険、ちょっぴり恋、ちょっぴり鉄、ちょっぴり薀蓄、ちょっぴりオカルトと興味をひきそうなことをちょっとずつ美味しく食べましょう!といった雰囲気でした。
あとバカミス?
しかし確かに他より分厚いけど、2600円超は正直高すぎると思うのですが。誰が買うんだよ。
2006年下半期ライトノベル杯に今回も参加します。また新しい本との出会いがあるといいなあ。
はてな外受付ページはこちら!
【06下期ラノベ投票/単発/4829163690】
【06下期ラノベ投票/単発/4403541097】
【06下期ラノベ投票/複数/4044267065】
【06下期ラノベ投票/複数/4829118814】
【06下期ラノベ投票/複数/4757729359】
【06下期ラノベ投票/複数/4829118873】
【06下期ラノベ投票/複数/4061825097】

感想は過去記事のだいたい抜粋です。書影クリックでBK1、タイトルクリックで過去記事へ飛びます。
《単発部門》
トキオカシトキオカシ/萩原麻里/富士見ミステリー文庫
ラブい!(*´д`*)天然デレさいこう!
現代+和風ファンタジーもので、学園ラブと昔ラブと両方楽しめて便利!
ひとつひとつのギミックが巧妙で美味しくて、それを回りに配置した上でのキャラクタの動きとか思いとか、そういうのがしっくりきてて楽しめました。



モンスターズ・イン・パラダイス1モンスターズ・イン・パラダイス(1)/縞田理理/新書館ウィングス文庫
神話な生物と、ごく普通の人間の集う都市で起こる人外がらみな事件を、ヴァンピールと人間の捜査官二人組がどうこうする話です。
素直で純朴、ひたすら《いい人》ジュエルと、ひねくれもので嘘つきで、意地悪で意地っ張りなカート。だが、それがいい。
アーリーアメリカンな感じでとても雑多な雰囲気が好きです。


《複数部門》
円環少女4円環少女4よるべなき鉄槌/長谷敏司/スニーカー文庫
メイゼルの嗜虐的変態性にますます磨きがかかりまくってます。本編のほうは、現在の幸せな日常に仁とその妹の過去話が挟む感じですすむわけですが……泣ける・゜・(ノД`)・゜・  日常があたたかいだけ、なんてことないやりとりがあるだけで、ただひたすら胸が痛い。幸せがこれほどまでに切ないなんて、こんなの初めて。
誰の「いつか」も叶うといい。

BLACK BLOOD BROTHERS 6BLACK BLOOD BROTHERS 6―九牙集結―/あざの耕平/富士見ファンタジア文庫
激動の5巻から半年、ようやく落ち着いてきたミミコたち三人の生活が緩やかに変わりかけていく。
ほんの少しの変化が気に障り、どうにもこうにも気持ちをざわつかせる。あざのさんもう勘弁してください!さらっと深刻なことを染み着かせるのは!落ちないから、この染み!
ミミコちゃんの気持ちがせつない、ミミコちゃん大好き、きみに幸せになってほしいんだ。

終わる世界、終わらない夏休み~桜井深優の終末~終わる世界、終わらない夏休み~桜井深優の終末~/あきさかあさひ/ファミ通文庫
せつねえ・゜・(ノД`)・゜・
ひとりでする4日間×40ループ、そして叶わぬ恋に身をやつす深優ちゃんがもうね・゜・(ノД`)・゜・
ループものとして、ジュブナイル小説としてきれいすぎるくらい綺麗にまとまったな、と。ループの世界でどのように考えて行動したりしなかったりするのかというところ。上巻もめちゃギリギリで面白いです。

七人の武器屋七人の武器屋 戸惑いのリニューアル・デイズ!/大楽絢太/富士見ファンタジア文庫
始めから終わりまで、とってもいさぎよくて気持ちのいいシリーズでした!
七人のキャラがそれぞれかわいくてかわいくて、誰にも感情移入してしまいますよ。誰が欠けても経営が立ち行かなくなりそうな連帯感というか一蓮托生感がよいです。気楽に読めてケラケラ笑って楽しんで、あースッキリした!って終われる本は貴重です。サンキュー、エクス・ガリバー!

零崎軋識の人間ノック零崎軋識の人間ノック/西尾維新/講談社ノベルズ
過去方面同窓会だね!
後付けというか先付けというか、いーちゃん以前?
あーみんな丸くなっちゃって、としみじみしました。
双識にーさんは相変わらず変態!(最高!)だし、潤さんは赤いし、玉藻ちゃんは可愛い。人識くんは若いなー!





次点:
「恋のドレスと薔薇のデビュタント」青木祐子/コバルト文庫
「空ノ鐘の響く惑星で(12)」渡瀬草一郎/電撃文庫

抗いし者たちの系譜とバッカーノと銃姫の新しいやつは積み中です…ヤクザガール~は読みかけです。

また、大好きという言葉だけでは片付けられない本、「ラギッド・ガール」「象られた力」(ともに飛浩隆)は投票対象一覧にはありましたが、ラノベではないと個人的に思っているので今回投票からははずしましたが、ほんとに凄い本なのでぜひご一読を!
【2007.01.17】 マイベスト
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []

恋のドレスは明日への切符クリスは闇のドレスで貴族の娘ばかりを陥れるアイリスを恐れ、貴族からの依頼をすべて断る事にする。そんなある日、裕福な鉄道王の娘パトリシアがドレスの注文にやってきた。その付添い人は訳ありのようで……

三歩進んで三歩戻るみたいな感じで進んでる(のか?)恋と、ふわふわのドレスと甘いものでできてるヴィクトリアン・ローズ・テイラーシリーズももう5冊目。順調に進んでて嬉しい!コバルト本誌のほうでは短編もいくつか発表されてるらしいので、短編集発行も楽しみ!
それにしてもあきさんの挿絵は毎回毎回すばらしい!今回の人物紹介ももう(*´◇`*)=3 画集欲しいなあ
クリスもシャーロックも自分の気持ちに気がついて、それでもそれぞれ自分の立場を思うと迂闊に動けなくて、でも好きで、とぐるぐるしていてやきもきするパメラの気持ちもわかるw 
今回のゲストその1パトリシアも我侭っぷりが可愛いし、その2イヴリンの健気さも可愛い。恋とドレスとチョコレートは女の子を可愛くするものですねー。

大きく動いた感のあるこの巻、それぞれの去就がきになるきになる!特にパメラ(*´◇`*)!

円環少女4泣いていいのは あたしの前だけよ

ようやく新年一冊目。どれ読もうか悩んだけど、口絵の寒川さんが可愛すぎるのでこれに決定。
てか長谷センセ、これって中学生とかが読んでもいいのでしょうかっ(*´◇`)メイゼルの嗜虐的変態性にますます磨きがかかりまくってますよ!ものすごい成長率です!仁といいきずなといい寒川さんといい、美味しすぎるご馳走があるからなあ。そういえば神和ちゃんもご飯食べるみたいですが彼女は天然スルータイプ?
それにしてもメイゼルの加虐っぷりはからっとしてていいものですね!

本編のほうは、現在の幸せな日常に仁とその妹の過去話が挟む感じですすむわけですが、これがもう……泣ける・゜・(ノД`)・゜・  日常があたたかければあたたかいだけ、なんてことないやりとりがあるだけで、ただひたすら胸が痛い。幸せがこれほどまでに切ないなんて、こんなの初めて。
誰の「いつか」も叶うといい。
エレオノールも王子護もきずなもみんな、なんかすごい気になるところで終わってるので、はははは早く続巻を!

ところで、きずなちゃん生着替えの絵がないのはなんでですか?

既刊感想+続きに人物一覧覚書
円環少女1 バベル再演
円環少女2 煉獄の虚神(上)
円環少女3 煉獄の虚神(下)



[READ MORE...]
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。