読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

記憶の食卓
[bk1]

名簿屋で見た冊子に掲載されていた自分の個人情報。しかも、掲載されている人間は次々と不審な死を遂げていた…。息もつかせぬ展開と、二転三転する衝撃のラスト。『週刊アスキー』連載に加筆修正して単行本化。


臆病者でチャーハンが嫌いな”名簿屋”折原が、謎の名簿を巡ってびくびく探偵するパートがひとつ。
早熟でクールで、食事自体を苦手とする小学生、遠藤が友人と謎の”ボーシ屋”を追うホラーパートがひとつ。
この二つのラインはいつどこでクロスするのか、それぞれの着地点はどこになるのか、目を覆うような展開でも物語をすすめるパワーはそれを許さない。
最後はかなり力技で強引だけれどまあホラーだし。理屈で納得できなくてもいいのではないかと。

20051126.読了 図書館

そしてよく見たら本筋より怖い↓
スポンサーサイト


[READ MORE...]
【2005.11.26】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。