読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

密室で、ミステリ作家が鍋に顔と両手を突っ込み死んでいた。傍らの料理は湯気が立っているのに、何故か遺体は死後24時間以上が経過していた…。犯罪学者アラン・ツイスト博士が、快刀乱麻を断つ! シリーズ第2弾。


確かにすごい謎ですよ、派手でごてごてしてて古めかしい。殺害現場ですらそれなのに、奇術に頑固親父に放蕩息子、急に出てくる似通った顔の弟、エキセントリックな娘と本格感たっぷりないろんな情報がでてきて大騒ぎですよ。
トリックはどれも単純で、(´д`)エエエエな気もしないでもないですが、本格推理小説なんてどれもそんなもんだしなと思わないでもない、そんな読後でした。

しかしポケミスって紙もザラ紙っぽいし断面黄色いし薄いし字は大きいし二段組しかないのにこの値段って絶対なにかおかしいよ。

20050820.図書館
スポンサーサイト

【2005.08.20】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []

呪われた屋根裏部屋での降霊実験中に起きた密室殺人事件。犯行は幽霊の仕業なのか? 犯罪学者アラン・ツイスト博士が、奇怪事件の真相を暴く! シリーズ第1作。


筆者は「フランスのディクスン・カー」と評されるらしいのですが、肝心のカーをまだ読んでないのでなんともはや。
幽霊屋敷・アリバイ・分身・奇術じみた事件とカクカクな本格ミステリといった雰囲気で進む物語が、第三部から(´д`)エエエエな展開に。まさに謎解きのためだけの一冊といった感じです。謎にうなって警部が誤推理して犯人がわかって意外な結末、とお約束通りで安心して楽しめました。翻訳(平岡敦)もとても読みやすい。残り3冊も読むことにします。いったいどんな騙され方をするのか楽しみ。

最終ページまでネタが詰まってますので、あとがきを読む際はご注意を。

20050818.図書館
【2005.08.18】 ミステリ
TRACKBACK(2) // COMMENT(0) []

山姫アンチメモニクス
[bk1]

平凡な中学生・カズキの前に現れた不思議な美少女・翠は、人間を魅了し、その記憶を操る『山姫』だった! 翠の姉・風花の巻き起こすトラブルを追う二人の運命は!? ギャグ満載の短編連作シリーズ刊行開始!!


「シャドウテイカー」とか「ダークバイオレッツ」とか評判がいいらしいのですがまだ未読だったので、文体等おためし感覚で読んでみました。表紙絵の女の子の髪色かわええ。
巻き込まれ型ラブコメの王道タイプです。恋模様は薄め、トラブルも薄め、インパクトも薄めですがまったり軽く読めて楽しい。巨乳ゴスロリ姉・風花さんのトンデモぶりが面白ですが少なくてさみしー。あと「アンチメモニクス」の造語っぷりが好き。

20050815


ヴぁんぷ! 3
[bk1]

そして、島に夜の帳が降りていく──。



なんか西尾維新っぽくなってきましたね。

登場人物が一気に増えて伏線もからみまくってて、カタカナ名を覚えきれないと言う理由で翻訳物を長い間避けていた私にはわけわからなくなってきたので続きに登場人物一覧表を覚書に。

バッカーノシリーズは人物表があるのにー。

以下、ネタバレを大量に含みます。最新刊(現3巻)のものは一応白抜き文字にしときました。



[READ MORE...]

フランスで発見された紙片には呪われた文字で“扉”の場所が記されていた。―それは魔界とこの世を繋ぐ門。その封印が破れた時、世界は“魔族”に蹂躙され地獄と化す。退魔の妖剣ブラディミールに選ばれてしまった少年・深津薫は、教皇長の影の組織の一員となり、“扉”を封印する力を持つ美少女の護衛の任務につくことになる。


「12月のベロニカ」の方の第二長編。ベロニカが私には今ひとつだったのだけど、「眠り姫」の評価が高いようだったのでまた挑戦してみました。魔術・人外の生物・契約と主従関係と、最近流行りなんでしょうかね。
使命を持つ姫君と、それを守る騎士という前作と同じパターンで、結構ベタベタです。
キャラクタが多目のため、各人にスポットをあてきれずどうも感情移入できるほどの描写がないのが残念。「そこまでしなくても……」と一歩引いちゃう。
結局「妖剣」の役目ってなんなのさとか色々次巻のネタ?もありそうですが、1巻できれいにまとまったのでこれで終わりでいいかなあ。

20050813
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。