読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

ある日、鹿島翔香は昨日の記憶を喪失している事に気づく。そして日記に自分の筆跡で書かれた見覚えの無い文章があった。『あなたは今、混乱している。若松くんに相談なさい…』
若松和彦。校内でもトップクラスの秀才。半信半疑ながらも、彼は翔香の記憶を分析する。そして、彼が導き出したのは、謎めいた時間移動現象であった。『タイム・リープ―今の君は、意識と体が一致した時間の流れの中にいない…』


読まず嫌いしててごめんなさい。一作目が「クラインの壺」で二作目が「時かけ」かよ!と長い間読まないでいてごめんなさい。
学園でSFで初々しい恋愛で……!ツボワードテンコ盛りでした。(時かけもそうなんだから当たり前といえば当たり前なのですが……)
パズル的な部分やミステリ部分が読書の楽しさを満喫させてくれて
小さな伏線もちょこちょこ解消されてもどかしさもない、読後スッキリタイプの一冊。
ジュブナイル好きなら一度読んで欲しいところですなって今更ですが。絶版らしいので。

佐藤藍子ちゃん主演の映画もみたことありますが、あちらはプチ猟奇的で、若松君(あちらでは星野くんでしたが)ももうちょっと熱い雰囲気。あちこち変えられてますがリープ時のフイルムがカタカタいう雰囲気がよかった!

図書館
スポンサーサイト

| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。