読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]


この世界は驚きと歓びに満ちていると、博士はたったひとつの数式で示してくれた-。記憶力を失った天才数学者、と私、阪神タイガースファンの息子の3人の奇妙な関係を軸にした物語。



ハラハラドキドキする冒険があるわけでもなく、恋の切なさに胸をしめつけられるわけでもなく、個人的にツボにくる人物がいるわけでもなく、ただ淡々と日常がつづられていく。
それでも、この話が好きだ。
数学ってこんなに静かで端正なものだったんだなあ。博士の色々な事象への愛がにじみ出てくるような、優しい話でした。
すべての人に、おすすめします。
スポンサーサイト

【2004.07.25】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []

岸本めぐみは、陸上部に所属する元気な高校1年生。ごく平和な毎日を過ごしているはずが、お母さんが突然失踪! 頼りにならないお父さんに代わってめぐみは級友・通称「明智」とともにお母さんを捜し始める。そんなめぐみの前に、なぜかめぐみを憎んでいるらしい謎の美少女が現れ、ふたりの邪魔をする。いったいこの娘は誰!? お母さんはどこへ行ったの!?
清水マリコとtoi8のコンビが贈る新たな都市伝説ミステリー!


なんというか、独特の雰囲気でゆる~く突っ走っている作者さん。
不思議美少女と文系男の子がでてくるのがデフォ?とはいえ別にボーイミーツガールではなく、いわゆる少年探偵団みたいな共闘関係ですね。それもべったりではなくサラリとしていて現代的。
ストーリー的には「別世界の不思議」。なじめる人には和めるし、なじめない人にはちょっとつらい。都市伝説を地でいくようなものだから。

9世紀倫敦ではチェスの勝負で財産や命など、様々なものが取引される真剣(デュール)が流行していた。貴族の代指しをする少年勝負師・スィンと天才的記憶力を持つ姉・ネムの大逆転から事件は起る。次々と起こる殺人の裏に見え隠れする、スィンの父とは? 二人の運命はどうなる!?


表紙絵と、個人的ツボ「頭のいい少年」アンテナにひっかかったので購入。
ちょっとすると「gosick」のような雰囲気。キャラクタに妙なこだわりがあるようで、一発ものとしては凝りすぎって気がしました。
しかし頭のいい少年っぷりは見られたので満足。
っていうか、なんでホームズ?

新本格魔法少女りすか
[bk1]

魔法を使えなかったことがある。あれはいつのことだったか…。心に茨を持った小学5年生・供犠創貴と、「魔法の国」からやってきた転入生水倉りすかが繰り広げる危機また危機のファンタジック・アドベンチャー。


個人的ツボ「頭のいい少年」キター!小学生男子+ランドセル+小理屈+達観バンザイ。りすかちゃんもとてもかわいい。絵(西村キヌ)とほんとぴったり。服や小道具もいちいち小洒落ててさすが「魔法少女」。表紙絵ハートつかみまくり。
さすがにここまでくると「ミステリ」「その他小説」カテゴリには入れられないので今回はラノベで。
ていうか、ラストに《小難しい名前の敵数人》ってパターンもう厭きてき・・・・
なんだか今年はあまり本を読んでいない気がするので、アレなんですが毎年やってるので。しかし量が少ないからベスト3。下半期はもっと読もう・・・。

1位 デュラララ!!(成田良悟・電撃文庫)
 のっけからラノベですが。好きな本の自分内カテゴリで「イっちゃってる」というのがありまして、これ↑はまさに直球ど真ん中ストライク、みたいな。イってない人がいないっていうのが好きです。でもラブストーリー。

2位 黄昏の百合の骨 (恩田陸・講談社)
 やっぱり自分内カテゴリ「学園もの」で大好きなシリーズ「麦の海に沈む果実」の続編。あやしい雰囲気、誰もがさあ足を引っ張るぞな緊張感がぴりぴりします。

3位 サムライ・レンズマン(古橋秀之・徳間デュアル文庫)
 自分内ではないカテゴリ「SF」で久しぶりにわくわくハラハラどきどきして読んだもの。この作者さんのケイオスヘキサ三部作に負けず劣らず、悪役が悪役で、燃えまくりです。本家レンズマンシリーズも読んでみたいなあ。図書館いこう。

次点は「銃姫」(泣いた)と「しゃばけ」(かわいい)。

下半期 期待の本たち
「新本格魔法少女りすか」西尾維新 講談社ノベルズ
「BLACK BLOOD BROTHERS(1)兄弟上陸 」 あざの耕平 富士見ファンタジア文庫
「帽子屋ポリー」秋山完 ソノラマ文庫(出れば)
「夏休みは、銀河(1)」岩本隆雄 ソノラマ文庫(出れば)
「銃姫2」高殿円  MJ文庫
「ゼロヨンイチロク」清水マリコ MJ文庫
「スカーレット・スターの燿奈」 梶尾真治
「斬魔大聖デモンベイン 機神胎動」 古橋秀之 角川スニーカー文庫(出れば)
「バッカーノ!1933<上>The Slash~クモリノチアメ~」成田良悟 電撃文庫
「暗黒館の殺人 上下」 綾辻行人 講談社ノベルス
「ルールズ・オブ・エンゲージメント」 佐藤大輔 講談社ノベルス
「ララバイ」 菅浩江 早川書房 (出てほしい)
「神経現象学」 牧野修 早川書房(出てほしい)
「空の園丁 廃園の天使2」 飛浩隆 早川書房(出てほしい)
【2004.07.13】 マイベスト
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []

ディビジョン駆除商会のA/Bは、<ゾーン>で謎の白い化け物と出会った。そいつはただ薄く笑い、そして音もなく消え去った。まるで『幽霊(ファントム)』のように。<ゾーン>に漂う不気味なそれは、赤いパラソルを持つ、一人の少女によって生まれた。
『心穏やかに(トランクイロ)』、それが少女の夢見た世界──。


A/Bキターーー!!
やっぱり渋い社長、ゴシップにとっつぁん。それにアンディとボギーが一緒に戦わないと!
前巻で消化不良気味だったのを全て解消、暴れろ暴れろ、乱痴気騒ぎだーー!
なにより作者さまが楽しんで書いた風なのが、とにかく楽しい。嬉しい。願わくば、続巻を・・・!

信長、秀吉など権力者たちの陰で、壮絶な死闘を展開する二人の忍者の生き様を通して、かげろうの如き彼らの実像を活写した長編。


時代小説ってなんだかオヤジくさくて敬遠していたけど、もうはまりそう(爆)
なにより主人公・重蔵がかっこいい。仕事に生命を賭け、自分も含めて何者も信用しない。
随所にはっとさせられるセリフや情景描写があり、ページを繰る手がとめられなかった。時代小説の印象が一変。
【2004.07.05】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []

十四歳、ルシフェル
[bk1]

源正義、14歳。ひそかに想いを寄せていた少女を守れず、彼は殺された…はずだった。禁断の超テクノロジーが無敵のサイボーグ「ルシフェル」として彼を甦らせた瞬間、復讐劇の幕が切って落とされる。


またいい本に出会ってしまった。心臓をぎゅっとつかまれたみたい。読後はどきどきばくばくいってました。
壮絶で残虐な暴力シーンは、正義の怒りそのまま。苦しくて、孤独で、切なくて。でもカッコイイ。
昔の繊細さ》を取り戻した正義は、次作「ルシフェル 地獄変」ではどうなるのかな。あー楽しみ。いつまでも待っていますよ……
表紙、イラスト(林田球)も申し分無くぴったり。
【2004.07.04】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []

やり場のない怒りのはけ口を探していたオレの前に現れたのはセーラー服を軽やかにはためかせて闘う美少女戦士だった。敵は諸悪の根元、不死身のチェーンソー男だ…。


好きだなあ。この本。
はじまりからその「微妙」さでぐいぐい引きこまれて、半ばうらやましがりながら一気読み。
出てくる人物人物がどれも面白いし、カロヤカで楽しい。しみじみさせる場面もあり、読後もさわやか、スッキリ。
いい本に出会えたなあ。ああよかった。
次の本も楽しみです。

追記:文庫版よりハードカバー版の装丁のほうがステキだと思います。

あやしげな老紳士と、就職浪人の青年が手を組んで、預金量第三位の大都市銀行をはめ殺す!知略の限りを尽くした「五週間戦争」の果てに待つものは・・・。新世代のクライム・ノベル。


おもしろかった!こういうコン・ゲームものはいつ読んでもいいなあ。なじみの薄い「株」がテーマだけれども、主人公の興奮が伝染して一気に読んでしまった。そのうえ経済の勉強もできて、一石二鳥でした。
【2004.07.03】 そのほか
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
2003年・マイベスト
1位 マルドゥック・スクランブル3部作  冲方丁
2位 BIOME 深緑の魔女  伊東京一
3位 夏への扉  ロバート・A・ハインライン
4位 クビキリサイクル  西尾維新
5位 リアルライフ  阪本和也
6位 海馬 脳は疲れない 池谷裕二 糸井重里
7位 フラクタル・チャイルド   竹岡葉月
8位 クロスオーバー  伊東京一
9位 A/Bエクストリーム CASE-314エンペラー 高橋弥七郎
10位 楽園の知恵 あるいはヒステリーの歴史 牧野修

2002年・マイベスト
1位 グラン・ヴァカンス 飛浩隆
2位 梟の城  司馬遼太郎
3位 暗いところで待ちあわせ 乙一
4位 こころ 夏目漱石
5位 キッチン 吉本ばなな
6位 風が吹いたら桶屋がもうかる 井上夢人
7位 十四歳、ルシフェル  中島望
8位 ファイナル・セーラー・クエスト完全版 火浦功
9位 あしたのロボット 瀬名秀明
10位 ネガティブハッピー・チェーンソーエッジ 滝本竜彦

2001年・マイベスト(7月~12月)
1位 永遠の森 博物館惑星  菅浩江
2位 夢の樹が接げたなら 森岡浩之
3位 呪禁官  牧野修
4位 童話物語  向山貴彦
5位 チグリスとユーフラテス 新井素子
6位 メルサスの少年 「螺旋の街」の物語  菅浩江
7位 骨牌使いの鏡  五代ゆう
8位 ドラゴンファーム1竜飼いの紋章 久美沙織
9位 カラフル  森絵都
10位 サプリメント戦争 三浦俊彦
圏外 きみにしか聞こえない 乙一
圏外 ペリペティアの福音 秋山完
圏外 波の上の魔術師 石田衣良
圏外 池袋ウエストゲートパーク 石田衣良
圏外 ホンモノの文章力  樋口裕一

過去のイチオシ
スキップ 北村薫
ホワイトアウト 真保裕一
オルファクトグラム 井上夢人

【2004.07.01】 マイベスト
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。