読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]

ゼロ戦は戦中の日本で大活躍した戦闘機だ。それが突然現れ、大人たちをみんなつれていってしまった。残された子どもたちは心配した。おとうさんやおかあさんはどこへ・・・


☆☆祝☆☆ 創作子どもSF全集 全部読んだよ ☆☆
「おかしの男」から始まり、「孤島一人ぼっち」「砂のあした」「宇宙バス」「犬の学校」「消えた五人の小学生」「宇宙にかける橋」「宇宙ヨット旅行」「コンピューター人間」「シュリー号の宇宙漂流記」が特に面白かったなあ~。大満足でした。わくわくどきどきハラハラ、ほろり。こういう本こそ子供のうちに読みたい/読ませたいシリーズですね。

閑話休題。
ゼロ戦とかいうので戦時中の話かなあと思ってつい避けていたのですが、まあ最後になったので読んでみたら一応「当時」未来であるところの1990年の話でした。もう2000年になってるのに未来話でなんだか不思議な感じ。
スモッグが空を覆い、二重防スモッグマスクをつけて学校や会社に通い、サプリメントで栄養を補い、海は廃液でどす黒く光っている。そんな公害だらけの日本で、工場と公害を海外の発展途上国におしつけようとする大人と、おかしいと思う子供の話。微妙に独裁主義をおしつけられそうに感じ、作中の子供と一緒に気分が悪くなる。
大人が社会から消え、今までしていた大人の仕事(食事作り/ライフラインの供給等)は突如現れた謎のゼロ戦が請け負い、それを不服に思う子供たちが決起するところで話は終わる。
しかしその子供たちも、戦後から公害へいたる現在と同じ道を辿りそうな雰囲気がだだ漏れで、気分の悪さと未来への閉塞感で息が詰まる思いだった。

20060415 図書館
スポンサーサイト


化学生物者の坂本博士は、リカや幸一たちと南極にきている。と、突然地震がきた。みんなあわてた。地震がおさまって引きかえそうとすると、リカはふしぎなものをふんだ。


復刊ドットコムで創作子どもSF全集 全二十巻の予約販売が始まりました。
http://www.fukkan.com/sell/?mode=detail&i_no=56544414
42000円ナリ。分売不可。買いたかったけど…けど………orzガクリ


さて「ハチュウ類人間」。今までのシリーズと同じように、子供が冒険して謎を見つけてけっこうあっさりバッサリ終わってしまうという王道?パターン。
特記すべきことも特に無くて、遺跡と洞窟と探検。なぜかウルトラ警備隊を思い出したりして。

20060414 図書館


フジオとユウジがキャッチボールをしていると、隣の家の二階から、家からちっとも出てこないおにいさんが見ていました。
──あの人、だれなんだろう。


「宇宙バス」の香山美子さんの創作子どもSF二作目。
謎の兄さん、この時代なら家からちっとも出てこなくても「浪人」で住むけれど、今じゃヒッキーかニートか、恐ろしくて近寄れないw
現代の視点から、未来の姿を垣間見るといった話なのだけれど、やっぱりこの人の視点はあたたかい。閉塞的な未来の中でも、希望や優しい眼差しが残る。
あとがきもしかり。

さて、残りは「ハチュウ類人間」と「帰ってきたゼロ戦」の二作!

20060328 図書館

怪獣全滅作戦/変装降下作戦/ロボットよりわけ作戦/未来人協力作戦/雪女ヒートキャノン作戦/宙太くんうちへ帰る作戦


どうやらこの「創作子どもSF全集」、復刊ドットコムで夏にむけて復刊準備に入ったらしいですね!嬉しい~~(´∀`)
手に入れたいのは「砂のあした」「宇宙バス」「おかしの男」「コンピューター人間」「シュリー号の宇宙漂流記」懐に余裕があれば「孤島ひとりぼっち」「消えた五人の小学生」「宇宙ヨット旅行」も~~結局全集大人買いになりそうだ。
しかし「ぼくのまっかな丸木舟」をはじめとする怖ぁいものもあるし……

閑話休題。
そして残り少なくなってきた「創作子どもSF全集」。
この「日本子ども遊撃隊」ですが、最終的にそれらは全て虚であり毒であるということにはなるのだけれど、「ススメ ススメ ヘイタイサン」とかそういう戦時中の偏向教育が前面に出ていてどうしても生理的嫌悪感を感じてしまった。もったいない読み方をしてしまったような気分。

20060327 図書館

フィルムは生きていた

髭の男が盗んだのは、「何でも写真に収めて別の場所へ移動できる」カメラだった!


表紙絵の通り、とぼけた髭の男が主人公。
バカだなあ( ´,_ゝ`)を地で行くキャラで、すごい発明なのにいやほんと愛すべきバカw
こういうホラ話っぽいのもSFだよな、と再認識した次第です。

20060226読了 図書館

遠くまでゆく日

地球の人口は過密の一途を辿っていた。人々は地球外へと居を移していくが、ユタカの家はなかなか旅立てない……


まず言葉が好きだった。表題「遠くまでゆく日」「水曜日はおわかれの日」
前半と後半にものすごい落差のある話で、前半は友達との異世界冒険恐怖もの、後半は新しい世界に飛び出す希望に満ちた移住もの。
むかしロボット・ベンケイがいい味を出していて、彼の出てくる場面だけ妙にのほほんとしていてかわええ(´∀`)

20060225読了 図書館

宇宙バス

三十年のうちに、世界の人口は倍になってしまった。困り果てた各国首脳たちは、A・A・A計画にのりだすことに……


「宇宙バス」と「ナンバー9」の二本立て。どちらも物悲しく、切ない雰囲気の話です。
「宇宙バス」のほうは、筒井康隆「美藝公」を髣髴とさせる未来像で、とにかく美しく幸せに満ちている。
人間らしく、子どもらしく。
「ナンバー9」は終末医療がテーマ。癌に侵された父親と、残された子どものやりとりが心に沁みます。
どちらも古臭いといえば確かに古い。けれども、読み継いでいきたい素敵な一冊でした。

香山美子ホームページ

20060224読了 図書館
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。