読んだ本の感想覚書。ツッコミ・補足・トラバ等歓迎です。
SEARCH THIS SITE.
CATEGORY
LINKS
ARCHIVES
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
図書館なのでいつもこの時期。
とりあえず色々借りてきて、予約した。

隠し玉で気になるのは↓
・芦辺拓/創元「スチームオペラ」スチームパンクと探偵少女
・石持さんの新作2本、貴志さんのサプライズ、西澤さん、平山さん新作が楽しみ
・ゴシックのイラスト付版が今年出そうで安心。やっぱゴシックは武田さんのフリヒラと共に楽しまなきゃ!
・米澤さん、季節限定甘味シリーズは…?

書き下ろし短編、海堂尊「エナメルの証言」とっても面白かったが、例によっていつもの医師がでてくるのがうざい。
スポンサーサイト

【2012.03.16】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
中表紙かわいい。
ぜんぶ読みきり!だけどシリーズもの多し。
一言感想

・湊かなえ「望郷、夢の国」救いがないよー
・東川篤哉「魔法使いと失くしたボタン」軽っ。疲れた
・貫井徳郎「籠の中の鳥たち ハーシュソサエティ」ハーシュ:厳しい・不快な・残酷な。すごい動機。ちょっと浮いてる
・麻耶雄嵩「バレンタイン昔語り」神様シリーズ。覚えてない。独特の面白さ。神様すげえ
・米澤穂信「雨読」読まれたどの本も面白そう!予約予約
・万城目学「海外ドラマ、ときどきニュートリノ」海外ドラマ見たくなる。単純ナリ
・対談「このミステリーがモテる!」確かに本棚の目立つところは青背にしてかっこつけてるw
・乾くるみ「殺人テレパス七対子」あっさり。亜弓さんのキャラ好きだわー
・奥泉光「海のクワコー」なんでゴシック体?つまんない。
・有栖川有栖「探偵、青の時代」火村シリーズ久しく読んでないな。すっきりまとまって満足!
・辻村深月「君本家の誘拐」そうそう、きっついんだよねえ。
【2012.02.28】 ミステリ
TRACKBACK(2) // COMMENT(0) []
タナトスシリーズ第二弾。
魚好きなんだねー。ひと台詞2段組3ページ以上のうんちくってすごいなこれ。
相変わらずミステリ置き去りみたいなところ好きだ。
【2012.02.21】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
次第に繊細な雰囲気を醸し出していく冒頭。与えられた役割を演じていく物語の始まり。この先どうなるのか、読みながらワクテカモード入りました!

不思議なことに、本当の名前じゃないんだと思うと、その人となりがなかなか頭に入らない。「茜」とせいぜい「瑞穂」くらいか。男性陣は誰が誰だか。なので名前と特徴を紙に書いてみたけど意味なかった。

全体的に面白かったんだけど、やはり「演じられた」という点で紗がかかったような遠いものに感じてしまった。
ラスト、エピローグの二人以外の「その後」は蛇足じゃないかなあ。
【2012.02.16】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
この人けっこうな速筆ですよね。いっぱい読めて嬉しい。

世の中には安楽椅子探偵やら建築探偵やら色々探偵がいますが、要介護ww探偵www せめて車椅子探偵とか言ってやれよとも思うが、やっぱ要介護探偵のインパクトはすごいな。

だいたいにおいてその場にいない系の探偵は「手は出さないが口は出す」わけで、介護されてるご老人と一緒だ(偏見)!この本では「車椅子で連れてきてもらって口と権力は出す」だけど。

主人公の玄太郎は、私の大好きな小説「富豪刑事」の父、喜久右衛門に通じるところもある癇癪もち。金持った年寄りみんなこうなのか(偏見)。
また、事件に関わろうとする動機もごうつくばりwwすかっとするわー。

時系列はばらばらな連作短編が5本。ごうつく「冒険」病気直後「生還」年寄りの冷や水「快走」「四つの署名」「最後のアイザック」。「生還」「四つの署名」が好きだ。
この面白さは玄太郎翁の生き様によるところが大きいんだけど、これもキャラ小説のくくりでいいのかな?

岬先生やら孫娘の名前を見るに「おやすみラフマニノフ」に出ていたようだ。爺ちゃんはいたような気がするけど、詳しくは記憶にない。まあ、こうだから同じ本を何度も楽しめるんだが、思い出せないのがなんかもったいない&くやしい。
中山七里さんは割と作品をリンクさせてる率が高いから、記憶力に不自由な私は別作品からのゲストなのか、ただ単に描写の似た別人なのかわからないよー。登場人物表でも作っとこうかしら。
【2012.02.16】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「空を飛ぶための3つの動機」を題名だけ見て借りたらシリーズものだったけど1作目は別の図書館にあるしまあいいや的に先に読んでしまったもののやはり気になるので借りてきた。「空を~」の感想は、日記がわりのメモに「そもそもが気になる」と書いてあった。

しょっぱな、「手鞠歌手当て」に大笑い。しかし手当てがつくぶん刑事のほうが探偵よりいいね。今回は「孤島手当」「本格手当」「密室手当」「死神手当」が必要ですね!

愉快なキャラクター設定、うん、物語だからいいんだよ。リアリティとか必要ないよね?ちょいちょい入る小ネタや細かい蘊蓄も楽しい。普遍性?いいよそれは。

あー面白かった。小難しいこと放り投げたみたいな。スカッとしたー。
【2012.02.14】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
なんとなく全部読んでる、今気になる作家さん。どれも驚きがあって面白い。

これもめちゃくちゃ面白かったー!(*´∀`)
好きなのは章題。「罪の鮮度」は内容と相まってうわって思った。

いい人なのか悪い人なのか、御子柴弁護士。妙に感情移入しちゃって敵対する人とかつい敵視しちゃう。

中盤までは、じっくりゆっくり、じわじわいつまでも登ってくジェットコースター、最後の最後になって急降下、急旋回。
翻弄されて、あわわわしてるうちに、静かに読了。非常にオススメ!本買お。
【2012.02.13】 ミステリ
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
RECENT ENTRIES
特設
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
  • あひる
  • 国産SFとラノベとミステリ
    マンガはたいていコミクス派

    ◇◇個人的ツボ◇◇
    ・時間ループ
    ・頭のいい少年が悪巧み
    ・イっちゃってる
    ・陰陽・妖怪とかそういうやつ
    ・学園(寮だとなおさら)
    ・誘拐
    ・メガネ

    kawano55(アットマーク)hotmail.com

RSSフィード


Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。